最終追い切り

G3小倉記念2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

平場レースは別ブログで紹介いたします。下記のボタンからリンクへ!
こちらもぜひ参考にしてください!よろしくお願いいたします。

さて今回は、秋の天皇賞も視野に入る、
G3小倉記念の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
 

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3小倉記念・1週前&最終追い切り情報

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

7/25 栗CW (81.1)64.3-11.7 馬なり
7/31 栗坂 50.5-12.2 強目

最終追い切り栗坂50.5-12.2強目。強目での追い切りで水曜の栗坂全体1番時計の好タイムを記録。1週前追い切りは栗CW(81.1)64.311.7馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで栗CW5F全体9番時計の好タイムで、前走休み明けの1週前追い切りは栗CW(80.9)64.1-13.0馬なり。数字だけを見ても良化しているのは明らか。なかなか重賞では結果を残せていないが、過去小倉では何度も好走するなど実績は十分。今回気配はかなり良いし実績のあるコースでの一変に要警戒。

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

7/25 栗坂 52.3-11.8 強目
7/31 栗坂 53.5-12.1 強目

最終追い切り栗坂53.5-12.1強目。強目での追い切りで栗坂終い12.1と良い伸びを記録。1週前には、強目で栗坂全体52秒台で終い11.8と素晴らしい伸びを記録。現在2連勝中、前走の勝ち時計はかなりの優秀な時計で本格化を匂わせる好走を続けている。今回初重賞&初の小倉コースと未知な部分はあるが、今回の追い切りを見ても疲れは皆無で気配は文句なし。相手強化でもここは注目の存在で。

ストロングタイタン

【評価:〈4.0〉】

7/25 栗坂 52.9-12.3 馬なり
7/31 栗坂 51.3-11.9 馬なり

最終追い切り栗坂51.3-11.9馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の栗坂全体10番時計、そして終い11.9と素晴らしい動きを披露。最近は心房細動等もあり思った結果が残せていないが、過去の鳴尾記念ではレコードを更新する素晴らしい時計で見事勝利。このメンバー内でもこの時計はかなり優秀。今回間隔を詰めて使えるのも魅力的。1週前もしっかりと動けていたし良い状態で出走できそう。注意しておきたいところ。

アイスバブル

【評価:〈3.5〉】

7/25 栗CW(82.9)66.9-11.8 一杯
7/31 栗坂 53.1-12.5 馬なり

最終追い切り栗坂53.1-12.5馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂終い12.5と良い伸び。昨年の7月の夏の小倉レースで馬体重プラス20キロで2着と好走。その後は連対を外す事のない安定感を見せて、重賞挑戦の目黒記念でも従来のレコードを更新する2着と激走。小倉の実績もあるのも大きな魅力。今回久々のレースにはなるが休み明けは苦にしないタイプ。警戒が必要で。

ノーブルマーズ

【評価:〈3.5〉】

7/24 栗坂 53.1-12.4 一杯
7/31 栗坂 53.8-12.5 馬なり

最終追い切り栗坂53.8-12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5を記録。前走宝塚記念では6着と敗れはしたものの、強敵相手に善戦してくれた。この時の斤量は58キロで今回は56キロで出走可能。小倉コースの勝利経験もあるし叩かれて間隔をつめて期待十分。

カデナ

【評価:〈3.5〉】

7/25 栗坂 52.1-12.1 一杯
7/31 栗坂 54.7-12.2 一杯

最終追い切り栗坂54.7-12.2一杯。一杯での追い切りで栗坂終い12.2と良い伸び。1週前にも栗坂終い12.1を記録。しっかりと負荷もかけられていて気配良好。一昨年の弥生賞勝利後はなかなか結果を残せていなかったが、福島民報杯で3着と激走し、続く巴賞でも3着に入るなど復調気配を見せている。今回の栗坂の動きを見ても調子が良いのは間違いなさそう。2000mの持ち時計も良いものを持っているし小回りコースのここでも警戒したい。

メールドグラース

【評価:〈3.0〉】

7/24 栗CW(82.2)65.6-11.9 一杯
7/31 栗CW(84.1)67.5-12.2 強目

最終追い切り栗CW(84.1)67.5-12.2強目。6Fから強目での追い切り、動きは決して悪くないが思ったよりも時計はそこまでだった。連勝して挑んだ鳴尾記念では、早めに動いて上がり最速で勝利。別定戦56キロでのこの結果は価値のあるもの。小回りコースも問題なく対応可能だろう。最終追い切りの動きはそこまで強調できるものではなかったが力は上位。当然注意はしておきたい。