最終追い切り

G3クイーンS2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、札幌開催開幕週の重賞、
G3クイーンSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
 

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3クイーンS・1週前&最終追い切り情報

Twitterで公開中!!

【評価:〈4.5〉】

7/17 函W 66.6-11.8 一杯
7/25 札ダ   -12.0 馬なり

最終追い切り札ダ終い12.0馬なり。馬なりでの追い切り、今週は終い中心の軽目の内容だったものの、札ダ終いを12.0と素晴らしい伸び。1週前は、函W66.6-11.8一杯。一杯での追い切りで函W5F全体10番時計、そしてなかなか見られない函W終い11秒台と抜群の動きを披露しているし状態はかなり良さそう。大舞台の前走オークスはイレ込みも激しく、また距離も長すぎたか惨敗。ただ2走前のG2ニュージーランドTで2着の実績あり。今回の追い切りを見ても素質はかなりのものを感じるし、追い切り通り走れればチャンスは十分。

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

7/17 札ダ 65.1-11.8 馬なり
7/25 札芝 66.2-12.7 馬なり

最終追い切り札芝66.2-12.7馬なり。馬なりでの追い切り、今週はそこまで速い時計を出してこなかったが、1週前に馬なりでの追い切りで札ダ5F全体1番時計の好タイムを記録。2週共に併せ馬を大きく追走して先着するなど動きは文句なし。前走福島牝馬Sでは休み明けのマイナス10キロとコンディションはあまり良くなかったがそれでも3着と善戦。今回間隔を空けて立て直しも十分。今回最終追い切りで主戦騎手も騎乗するなど勝負気配も高いし、警戒しておきたい。

カリビアンゴールド

【評価:〈4.0〉】

7/24 札芝(79.2)63.5-11.5 馬なり

最終追い切り札芝(79.2)63.5-11.5馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで全体&終いで良い動き。前走五稜郭Sではゴール前で先頭になったが最後サトノガーネットに差されての2着。ただ前回の追い切り内容はかなり良かったし、確実に力をつけてきている印象。今回の動きも良いし、洋芝適正は高いものあり。今回も警戒しておきたい。

ウラヌスチャーム

【評価:〈4.0〉】

7/17 美坂 52.8-13.0 一杯
7/24 札芝(75.0)61.1-11.4 一杯

最終追い切り札芝(75.0)61.1-11.4一杯。6Fから一杯での追い切りで札芝5F全体1番時計の好タイムを記録、併せ馬を大きく突き放す良い動き。前走中山牝馬Sではフロンテアクイーンに僅差で敗れはしたものの2着と大健闘。今回久々のレースにはなるが、過去休み明けでは好成績を残しているしそこまでの心配は無用。通用する力はあるし警戒しておきたい。

フロンテアクイーン

【評価:〈3.5〉】

7/17 札ダ 66.8-11.8 強目
7/24 札芝 64.5-11.8 馬なり

最終追い切り札芝64.5-11.8馬なり。馬なりでの追い切りで札芝5F全体64.5を記録。最後までしっかりとした良い動き。1週前の札ダでも良い動きを見せていたし気配は良さそう。過去1800mでは7連対、また今レースも昨年2着と適正は文句なし。今年も当然有力の1頭で。

ミッキーチャーム

【評価:〈3.5〉】

7/18 札芝(79.2)63.2-11.8 強目
7/24 札芝 64.4-11.3 馬なり

最終追い切り札芝64.4-11.3馬なり。馬なりでの追い切りで札芝終い11.3と良い伸び。今年の阪神牝馬Sではマイル戦にも対応できるところを見せてくれたが、やはり1800mの方がこの馬にとって良さそう。昨年の函館&札幌で3連勝を記録するなど洋芝適正はかなりのもの。今年の夏も当然警戒しておきたい1頭で。

スカーレットカラー

【評価:〈3.0〉】

7/17 栗CW(82.1)65.2-11.6 一杯
7/24 札芝 69.4-11.9 馬なり

最終追い切り札芝69.4-11.9馬なり。馬なりでの追い切り、今週は軽目の内容だったが、1週前に栗CWで6Fから負荷をかけて追い切りをこなしているし気配は引き続き良さそう。準オープンを勝利し、続くマーメイドSで3着と好走。距離短縮はこの馬にとってプラス材料だし当然警戒が必要。あとは斤量増と洋芝への対応ができれば。

サトノガーネット

【評価:〈3.0〉】

7/24 函W   -12.4 馬なり

最終追い切り函W終い12.4馬なり。馬なりでの追い切りで函W終い12.4と良い伸び。前奏五稜郭Sでは後からの競馬となったものの、ラストで良い脚を使い勝利。現在2連勝するなど勢いあり。ただ今回気になるのが追い切り本数。19日&24日の2本のみ。元々小柄な馬ながら前走では-6キロの428キロ。これ以上減るのはさすがに厳しそう。どこまで状態を維持できるか。