最終追い切り

G3中京記念2019☆1週前&最終追い切り!注目は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、サマーマイルシリーズ初戦、波乱も多いハンデ重賞、
G3中京記念の1週前&最終追い切り情報です。

※抽選前での執筆の為、登録除外の可能性があります。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
 

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3中京記念・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

7/10 栗坂 50.9-11.8 一杯
7/17 栗坂 54.8-11.5 強目

最終追い切り栗坂54.8-11.5強目。強目での追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが、栗坂終い11.5と破格の時計を記録。前走NHKマイルCでは14着と惨敗したが、連戦の疲れもみられた印象。今回しっかりと間隔も空けて状態はかなり良くなっている。今回も強敵相手にはなるが、ハンデ戦で斤量52キロで出走可能。1週前には栗坂全体5番時計、終い11.8と続けて好タイムを記録していて気配も文句なし。面白い一頭で。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

7/11 栗CW(80.9)65.4-11.7 G前
7/18 栗坂 54.4-11.9 馬なり

最終追い切り栗坂54.4-11.9馬なり。栗坂での追い切り、全体時計は速い時計ではないが、栗坂終い11.9と素晴らしい伸びを見せた。1週前に栗CWで6Fからしっかりと追い切りをこなして好タイムを記録しているし良い状態で出走できそう。マイル戦に主戦場を移し、アーリントンCで2着、NHKマイルCで3着と続けて好成績、距離もこれくらいの方が良さそう。今回ハンデ戦で斤量53キロで出走可能なのも魅力的。発馬さえ決まればチャンスは大いにありで。

ミエノサクシード

【評価:〈4.5〉】

7/11 栗CW(83.9)66.1-11.3 一杯
7/17 栗CW(85.2)67.2-11.8 馬なり

最終追い切り栗CW(85.2)67.2-11.8馬なり。最終追い切りは馬なりで内を周回しての軽目の内容。ただ1週前には大外を周回して負荷をかけての追い切り。栗CWで終い11.3と素晴らしい動きを見せているし気配良好。前走ヴィクトリアマイルでは強敵相手に6着と善戦。最終週の中京で時計がかかればもっとやれても良い。またこの時2着で先着されたプリモシーンも今回出走してくるがハンデ戦で1.5キロ差のハンデがあるのも魅力。牡馬相手でも通用する力は十分。警戒しておきたい一頭で。

エントシャイデン

【評価:〈4.0〉】

7/10 栗CW(84.0)68.3-12.5 馬なり
7/17 栗CW(95.8-79.1)64.0-11.9 強目

最終追い切り栗CW(95.8-79.1)64.0-11.9強目。7Fから強目での追い切りで、栗CW5F全体4番時計の好タイムを記録。3連勝して挑んだ阪急杯では5着と敗れはしたが重賞でも通用するところを見せてくれた。ここ2戦は2桁着順と大敗しているが、時計も速くこの馬にとって厳しい展開。今回相手関係も楽になるし、時計のかかる最終週の中京コースはこの馬にとってプラスに働きそう。もっとやれても良い。警戒しておきたい。

リライアブルエース

【評価:〈4.0〉】

7/10 栗坂 51.6-12.6 一杯
7/17 栗坂 55.0-12.0 馬なり

最終追い切り栗坂55.0-12.0馬なり。馬なりで上がり中心の追い切りで栗坂終い12.0と良い伸び。1週前に栗坂で一杯で追い切りされて栗坂全体14番時計の好タイムを記録。今回叩き4戦目にはなるが追い切りの動きは続けて良いし気配良好と考えて良さそう。重賞ではなかなか結果を残せていないが、昨年の今レースで3着と好走。また中京マイルは(1.2.1.0)と相性は文句なし。今年も注目しておきたい一頭で。

グルーヴィット

【評価:〈3.5〉】

7/10 栗坂 52.8-12.1 強目
7/17 栗坂 52.2-11.7 一杯

最終追い切り栗坂52.2-11.7一杯。一杯での追い切りで栗坂全体52秒台で終い11.7と好タイムを記録。前走NHKマイルCは進路が防がれて10着。ただファルコンSの中京重賞で2着の実績もあり。通用する力はあるし、気配も良いだけに無視はできない。

ジャンダルム

【評価:〈3.5〉】

7/10 栗CW(81.4)66.5-11.4 一杯
7/17 栗CW(84.3)68.1-11.6 馬なり

最終追い切り栗CW(84.3)68.1-11.6馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで栗CW終い11.6と良い伸び。1週前には外を周回して栗CWで好タイムを記録しているし気配は良さそう。ここ最近は結果を残せていないが、過去ホープフルSで2着と好走するなど素質は十分。動き自体は良いし注意は必要で。

プリモシーン

【評価:〈3.5〉】

7/10 栗CW(97.7-82.4)67.2-11.5 強目
7/17 栗CW(78.4)63.1-12.1 馬なり

最終追い切り栗CW(78.4)63.1-12.1馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで水曜の栗CW5F全体1番時計の好タイムを記録。馬なりでこの時計を記録するなどさすがの動きを披露。前走ヴィクトリアマイルでは2着と激走し素質の高さを見せてくれた。ただ今回少し不安なのが、現在南Wは改修工事の為閉鎖中で、今回普段とは違う美穂から栗東へ移っての調整。時計を見ても気配も良いし無駄な心配かもしれないが、ハンデ戦で牝馬の斤量55.5キロと実質のトップハンデ。地力で激走してくるもの大いに考えられるが、今回どこまでやれるか。

ロードクエスト

【評価:〈3.0〉】

7/14 栗CW   -13.4 馬なり
7/17 栗芝(82.5)66.1-13.0 馬なり

最終追い切り栗芝(82.5)66.1-13.0馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで軽目の内容。今回Mデムーロ騎手が再び騎乗と注意はしておきたいが、一変するほどの気配は感じないしそこまで強くは推せない印象で。