最終追い切り

G3京都牝馬S2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、注目の京都1400mの牝馬限定重賞、
G3京都牝馬Sの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3京都牝馬S・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

2/7  栗CW(93.5-78.0)62.7-12.5 馬なり
2/13 栗坂 53.1-12.3 強目

最終追い切り栗坂53.1-12.3強目。強目での追い切りで終い12.3と良い伸び。1週前に栗CWで7Fの長目から追い切りされて栗CW5F全体2番時計の破格の好タイムを記録。中8週と少し間隔は空いたが気配はかなり良い印象。前走は距離が合わなかったか5着と敗れはしたが、昨年の同舞台のファンタジーSでは上がり最速で見事勝利。得意舞台なら期待十分。今の動きなら要警戒で。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

2/6  栗CW(79.7)64.8-12.8 馬なり
2/14 栗坂 53.1-11.6 強目

最終追い切り栗坂53.1-11.6強目。強目での追い切りで終い11.6と破格の時計を記録。前走石清水Sでは8着と敗れはしたが、ファンタジーS3着、2走前も京都1400mで2着と好走するなど適正は文句なし。1週前にもしっかりと追い切りされて好タイムを記録、最終追い切りの動きもかなり良かっただけに今回人気薄でも警戒しておきたい一頭。

ミスパンテール

【評価:〈4.0〉】

2/6  栗坂 50.5-12.2 一杯
2/13 栗坂 55.1-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂55.1-12.3馬なり。馬なりでの追い切り、今週は速い時計を出してこなかったが、終いは12.3と良い伸び。1週前に栗坂全体2番時計の好タイムを記録、負荷もしっかりとかけられてたし、中8週でも仕上がり良好。昨年の今レースの勝ち馬。昨年よりも斤量は1キロ重いが、昨年同様ターコイズSを勝利しての出走と期待十分。ここでは実績も上位、当然警戒が必要で。

リナーテ

【評価:〈4.0〉】

2/6  栗坂 51.6-12.5 一杯
2/13 栗坂 50.4-12.0 強目

最終追い切り栗坂50.4-12.0強目。強目での追い切りで栗坂全体6番時計の好タイムを記録。前走ターコイズSでは7着と敗れはしたが、距離も少し長かった。今回1Fの距離短縮はこの馬にとって良い方向に出そう。通用する力は十分、斤量54キロでも注意しておきたい。

リバティハイツ

【評価:〈4.0〉】

2/6  栗坂 53.5-11.8 強目
2/13 栗坂 53.9-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂53.9-12.3馬なり。馬なりでの追い切り、負荷はそこまでかけられなかったが、終いは12.3と素晴らしい伸び。1週前の栗坂でも終い11.8とかなりの伸びを見せていただけに今回良い状態で出走できそう。京都1400mでは2着の実績もあり、前走ターコイズSでミスパンテールと0.1秒差の2着と好走。確実に力をつけてきているし今回も侮れない一頭で。

ディメンシオン

【評価:〈3.5〉】

2/6  栗坂 53.6-12.5 一杯
2/13 栗坂 51.1-12.5 強目

最終追い切り栗坂51.1-12.5強目。強目での追い切りで栗坂全体51.1と好タイムを記録。3連勝で挑んだ前走ターコイズSでは5着と惜敗。ただ勝ち馬とは0.2秒差と僅差のレース。通用するところを見せてくれたし、気配も良好。この距離でも注意が必要で。

アルーシャ

【評価:〈3.5〉】

2/6  南W   -13.1 馬なり
2/13 南W   -12.6 馬なり

最終追い切り南W終い12.6馬なり。上がり中心の追い切りだが、外目を周回して終い12.6と良い動きを見せていた。京都コースは初めてではあるが、前走3か月ぶりのレースで見事勝利。今回も3か月ぶりのレースにはなるが追い切りでの動きも良いしこの点は心配する必要はなさそう。現在3連勝中と勢いは文句なし。ここで好走できれば今後が非常に楽しみに。

エイシンティンクル

【評価:〈3.0〉】

2/6  栗坂 51.3-12.0 強目
2/13 栗CW(79.0)64.1-12.5 一杯

最終追い切り栗CW(79.0)64.1-12.5一杯。6Fから一杯での追い切り、今週の時計は内を周回してのもので数字だけ見て評価するのはどうかだが、1週前の動きが良かっただけに久しぶりでも仕上がりは悪くなさそう。重賞初挑戦の前走関屋記念で3着と好走。過去9か月ぶりの休み明けでも勝利している実績もあるだけに侮れない一頭で。

ワントゥワン

【評価:〈3.0〉】

2/6  栗坂 54.4-12.4 一杯
2/13 栗CW(84.6)66.2-12.3 一杯

最終追い切り栗CW(84.6)66.2-12.3一杯。6Fから一杯での追い切り、今週は内目を周回しての時計。元々調教ではそこまで動いてくる馬ではないが、1週前には併せ馬の新馬に遅れもとっているしまだ本調子とはいかなさそうな印象。最終週の京都で展開は向きそうではあるが。