重賞予想

G3北九州記念2018☆予想!小倉&新潟平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG3北九州記念&小倉&新潟平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

[kanren postid=”10578″]
[kanren postid=”10575″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・ナガラフラワー
・トウショウピスト
上記の2頭。

2頭共に栗CWでの最終追い切り。

トウショウピストは、最終追い切り栗CW(81.2)65.4-11.8一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体12番時計の好タイムを記録。1週前には栗CW終い11.1と破格の好タイムを記録しているし中6週でもしっかりと負荷をかけられていて状態はかなり良い印象。前走CBCでは7着と敗れはしたが勝ち馬とは0.4秒差と差のない競馬。ハンデ56キロは簡単ではないが、今回そこまで人気もしないだろうし、調子がかなり良いだけに面白い存在で。

ナガラフラワーは、最終追い切り栗CW69.5-11.8馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.8と良い伸びを披露。1週前には栗CW5F全体5番時計、終いも11.8と良い伸び。今週は負荷の面では軽めではあるが今回中2週でのレース、終いはしっかりと動けていたし全く問題なし。前走昇級戦のCBCで2着と好走。今回も強敵相手ではあるが追い切りの動きを見てもわかるように力をつけているのは間違いなし。しかも今回も斤量52キロで出走可能なのは大きな魅力。以前の小倉レースでは4着だったが、ダイアナヘイローとも僅差だったし力をつけた今なら期待十分で。

上記の理由により本命は、ナガラフラワーで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3北九州記念・予想

ナガラフラワー

ダイアナヘイロー

アサクサゲンキ

トウショウピスト

ナインテイルズ

ゴールドクイーン

アレスバローズ

ダイメイプリンセス

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《小倉開催レース好調教馬》
【小倉5R】

ヴィクトリアピース(栗CW)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

ヴィクトリアピースは、最終追い切り栗CW(82.8)66.6-11.7一杯。一杯での追い切りで全体&終いで抜群の動き。1週前追い切りでも栗CW終い11.5を強目で記録するなど素質の高さを感じさせる好内容。初戦から注目しておきたい。

【小倉9R】

スパイチャクラ(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

《新潟開催レース好調教馬》
【新潟5R】

注◎人気ブログランキングへ→1(美坂)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り美坂52.7-12.5強目。強目での追い切りで美坂全体9番時計の好タイムを記録。1週前には南W5F全体10番時計と続けてかなりの好タイムを記録。仕上がり良好。今後が楽しみな馬で。

【新潟6R】

注☆ホウオウカトリーヌ(南W)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★4.0

ホウオウカトリーヌは、最終追い切り南W66.0-13.1馬なり。馬なりで外を周回して南W5F全体6番時計と破格の時計を記録。併せ馬もしっかりとこなしていて負荷もかけられている。初戦から楽しみな存在。

マイネルエストック(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【新潟9R】

サトノキングダム(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

スーパーブレイク(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【新潟10R】

プラチナヴォイス(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

ケイブルフラム(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》