最終追い切り

G3鳴尾記念2018☆1週前&最終追い切り!注目は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は宝塚記念へ向けての注目レース、
G3鳴尾記念の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G3鳴尾記念・1週前&最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

5/30 栗坂 50.3-12.2 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗坂50.3-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体1番時計の好タイムを記録。前走は9着と大敗したが久々だったし距離も短かった印象。今回の追い切り動きを見ても上積みを感じさせる好気配、また距離も1F伸びるのも魅力。中2週でも有力の存在で。

5/24 南W 64.7-13.1 馬なり
5/30 南W 66.7-13.1 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W66.7-13.1馬なり。外目を周回して全体&終いで良い動き。1週前には南W5F全体2番時計の破格の時計を記録しているし、今回3ヶ月半の休み明けでも気配はかなり良い印象。中山金杯で3着と重賞実績もあるし今回人気薄でも侮れない一頭。
ナスノセイカン

5/17 南W 66.4-12.8 馬なり
5/23 南W   -12.6 一杯
5/30 南W   -12.8 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W終い12.8馬なり。馬なりで終いで良い動きを披露。2週前&1週前もしっかりと動けていたし、中3週でも仕上がり良好。追い切りの動きを見ても状態が上がって来ているのは間違いなし。こちらも警戒しておきたい一頭で。
ヤマカツライデン

5/23 栗CW(81.0)65.0-11.8 馬なり
5/30 栗CW(79.0)64.2-12.1 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗CW(79.0)64.2-12.1一杯。6Fから一杯での追い切りで、栗CW5F全体5番時計の好タイムを記録。1週前も馬なりでしっかりと動けていたし気配良好。毎回追い切りではかなりの動きをしてくる馬だが、実践だとなかなか結果が残せていない。調教通りの動きならもっとやれるはずではあるが、何かきっかけがあれば。
トリコロールブルー

5/17 栗CW(98.5-81.8)66.0-12.0 強目
5/23 栗CW   (80.7)65.0-12.2 馬なり
5/30 栗CW   (85.0)68.5-11.9 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗CW(85.0)68.5-11.9一杯。6Fから一杯での追い切り、特別速い時計ではないが何週にも渡りしっかりと負荷をかけて追い切りされていて一本ごとに段々と調子も上がって来ている印象。現在2戦連続上がり最速で勝利するなど力をつけてきているのは間違いなし。前走で阪神コースで勝利できたのも魅力。間隔は空いたが今回警戒しておきたい一頭で。
トリオンフ

5/23 栗坂 53.0-12.2 一杯
5/30 栗CW(83.5)67.0-11.8 馬なり

評価:★3.5最終栗CW栗CW(83.5)67.0-11.8馬なり。6Fからの追い切りで終い11.8と良い伸び。1週前には一杯でしっかりと負荷もかけられている。時計自体はこの馬にとって特別速いものではないが、中3週でのレースで特に心配する必要もなし。瞬発力勝負となった前走は展開も向かず厳しかったがそれでも4着と善戦。ここでも力は上位、小倉大賞典に続いて重賞2勝目なるか注目で。
タツゴウゲキ

5/24 栗坂 53.8-12.5 一杯
5/30 栗坂 55.0-12.4 強目

評価:★3.0最終追い切り栗坂55.0-12.4強目。強目での追い切りで終い12.4を記録。今回9ヶ月ぶりと長期休み明けでのレース、1週前の追い切りの動きを含めてまだ本調子とは言っていない印象。ここ2戦は連続で重賞勝利するなど実績を残してきたが、この時の最終追い切りはいずれも栗CWコース。今回普段と違う栗坂での最終追い切り、オッズ次第ではあるが、ここは少し様子を見たいところ。
サトノノブレス

5/24 栗CW(82.4)67.2-11.7 一杯
5/30 栗CW(86.8)69.3-12.0 一杯

評価:★3.0最終追い切り栗CW(86.8)69.3-12.0一杯。6Fから一杯での追い切り、併せ馬はペルシアンナイトで遅れをとっても仕方が内面はあるものの、時計の数字を見てもこの馬にしては物足りない。一昨年の今レースで勝利するなど適性は文句ないがもうすでに8歳。重賞4勝の実績はあるが、今回の動きでは少し狙いづらいところ。