最終追い切り

G1安田記念2018☆1週前&最終追い切り!好調教は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は春の最強のマイラーを決める、
G1安田記念の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G1安田記念・1週前&最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

5/16 栗CW(81.1)65.5-11.8 馬なり
5/23 栗CW(81.4)65.1-11.6 強目
5/30 栗CW(92.0-77.2)63.0-11.8 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗CW(92.0-77.2)63.0-11.8馬なり。7Fからの追い切りで水曜の栗CW5F全体2番時計の好タイムを記録。2週前からしっかりと追い切りされていて3週続けて抜群の動き。特に今週はしっかりと長目から追い切りされて負荷もかけてきたし2ヶ月の休み明けでも気配良好。右回りはまだ不安があるものの、左回りの東京コースは(2.2.0.0)と相性は抜群。現在2連勝、前走大阪杯では圧巻のレースで勝利。今回も引き続き気配はかなり良いし当然有力の存在で。

5/25 美坂 59.9-14.5 馬なり
5/30 南W 69.0-12.4 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W69.0-12.4馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったものの、外を周回して終い12.4と素晴らしい伸びを披露。今回そこまで負荷はかけられていないが、中2週でのレースで全く問題なし。前走は休み明けながらも勝ち馬とアタマ差の3着と好走、一度叩かれての上積みも感じさせる好気配。東京コースとの相性も良し。今回非常に面白い存在で。
リアルスティール

5/23 栗坂 52.1-12.1 一杯
5/30 栗坂 51.7-11.9 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗坂51.7-11.9一杯。一杯での追い切りで水曜の栗坂全体17番時計、そして終い11.9と素晴らしい動き。今回2ヶ月ぶり、海外明けのレースにはなるが、2週続けて一杯でしっかりと負荷をかけて追い切りされているし良い状態で出走できそう。一昨年の安田記念では11着と大敗しているが、東京は重賞を2つ勝利している舞台。このマイルの距離も特に不安もないし、この気配ならやはり怖い存在で。
リスグラシュー

5/25 栗坂 53.9-12.3 馬なり
5/30 栗坂 53.6-11.9 馬なり

評価:★4.0最終追い切り栗坂53.6-11.9馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.9と抜群の伸び。前走ヴィクトリアマイルでは惜しくも2着だったが、上がり最速を記録していたし非常に惜しいレースだった。今回は牡馬相手とのレースにはなるが、牡馬混合の東京新聞杯での勝利経験もあるし通用する力は十分にあり。今回G1激走後の中2週でのレースで気配が心配ではあったが動きを見る限りでは疲れも感じさせないし、今回も引き続き好調維持と考えて良さそう。こちらも侮れない一頭で。
ペルシアンナイト

5/17 栗CW(99.3-82.3)66.8-11.3 一杯
5/24 栗CW(81.7)66.5-11.4 一杯
5/30 栗CW(85.0)68.4-11.5 強目

評価:★4.0最終栗CW(85.0)68.4-11.5強目。7Fから強目での追い切りで、終い11.5と抜群の伸び。2週前に7Fの長目から、1週前も一杯でしっかりと負荷もかけられていて好印象。東京コースでは(0.1.0.2)と目立った成績は残せていないが、前走大阪杯では上がり最速の2着と好走、ここでも十分に通用する力は持っているだけにこの気配ならやはり警戒しておく必要ありで。
レッドファルクス

5/23 南W(81.3)66.1-12.7 強目
5/30 南D   67.8-12.0 G前

評価:★3.5最終追い切り南D67.8-12.0G前。ゴール前で強く追い切りで上々の動き。今週はそこまで速い時計ではないが、1週前にしっかりと強目で追い切りされて好タイムを記録しているし休み明けでも良い状態。前走高松宮記念では8着と敗れたが、昨年の安田記念では3着と好走。スプリンターの印象は強いが、今年も注意しておく必要あり。
アエロリット

5/25 南W 68.3-12.8 馬なり
5/30 南W 69.0-12.9 馬なり

評価:★3.5最終追い切り南W69.0-12.9馬なり。馬なりで外を周回して終い12.9と良い動き。前走ヴィクトリアマイルで4着と敗れはしたが、東京コースは(2.1.0.1)と得意。中2週でのレースだが今回も注意しておきたい。
サングレーザー

5/23 栗坂 59.3-13.8 馬なり
5/27 栗坂 51.8-12.3 一杯
5/30 栗坂 57.6-13.2 馬なり

評価:★3.0最終追い切り栗坂57.6-13.2馬なり。馬なりで軽めの内容。日曜に一杯で追い切りされて全体51.8を記録しているが、併せ馬の新馬に遅れをとった。前走マイラーズCはレコードで勝利するなど勢いもあるし怖い存在ではあるが、東京は初めて、左回りも久々と不安材料もあり。当日のオッズ次第で評価を決めたいところではあるが。