最終追い切り

G1大阪杯2018☆1週前&最終追い切り!注目は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は昨年からG1へと昇格、豪華メンバーの揃った、
G1大阪杯の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G1大阪杯・1週前&最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

3/15 栗CW(80.8)65.3‐11.5 一杯
3/22 栗CW(83.9)68.3‐11.6 一杯
3/28 栗CW     ‐11.7 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗CW終い11.7馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.7と抜群の伸び。1週前には栗CWで不良馬場でもしっかりと負荷をかけて追い切りされたし、中6週でもしっかりと仕上げてきた印象。距離は違うが阪神は2戦2勝している得意舞台。今回の追い切りの動きを見ても叩かれての上積みもかなり大きそう。今回要注意の一頭で。

3/15 栗CW(81.4)65.8‐11.5 一杯
3/22 栗CW(81.7)65.8‐11.8 馬なり
3/28 栗CW     ‐11.7 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗CW終い11.7馬なり。上がり中心の追い切りで終いで抜群の動き2週前&1週前も栗CWで長目から追い切りされていて中4週でもしっかりと負荷をかけて追い切りされてきている点は好印象。前走中山記念は1番人気5着と結果的には残念だったが、久々だったし参考外。2000mがベストの距離とは言えないが、皐月賞で2着と好走している距離でもあるし特に評価を下げるほどでもないだろう。一度叩いて調子も明らかに上向いているしこちらも警戒が必要な一頭で。
ダンビュライト

3/14 栗坂 52.4‐12.4 馬なり
3/21 栗坂 53.3‐13.5 一杯
3/28 栗坂 50.5‐13.2 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗坂50.5‐13.2一杯。一杯での追い切りで栗坂全体2番時計の破格の好タイムを記録。前走AJCCではミッキースワローに0.3秒差をつけての勝利。2走前に阪神2000mの勝利経験もあり。瞬発力勝負だと分が悪いかもしれないが展開次第ではこのメンバーでもチャンスは十分。気配は文句ないし侮れない一頭で。
シュヴァルグラン

3/14 栗CW(81.6)66.3‐12.2 一杯
3/22 栗CW(97.3‐81.3)65.1‐12.5 一杯
3/28 栗坂 53.0‐12.4 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗坂53.0‐12.4一杯。一杯での追い切り、数字だけで見ると特別速い時計ではないが、元々この馬は追い切りではそこまで動いてくる馬でもないしこれくらいで全く問題なし。1週前には不良馬場の栗CWで7Fから負荷をかけてしっかりと追い切りされているし、3ヶ月ぶりのレースでも仕上がりは良い感じ。現役トップクラスのG1馬の実力を見せつけたいところ。
スワーヴリチャード

3/22 栗CW(82.5)67.0‐11.9 馬なり
3/28 栗CW(83.3)67.6‐12.4 馬なり

評価:★3.5最終追い切り栗CW(83.3)67.6‐12.4馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、今回中2週で負荷はそこまでかけられていないが、動きは引き続き良いし、好調維持と考えて良い。右回りは得意とは言えないが、今メンバーでも実力屈指なのは間違いなし。G1初制覇なるか。右回りのここで好走できたら今後が楽しみだが。
ミッキースワロー

3/15 南W(82.1)66.9‐13.0 馬なり
3/22 南P(80.1)64.8‐12.2 馬なり
3/28 南W   キリ   不明

評価:★3.5最終追い切り南W。時計&負荷は不明。最終追い切りはキリがひどく測定不能だった。ただ2週前には南Wで6Fから追い切りされて好タイムを記録。1週前の南Pでも良い動きを見せていたし気配良好と考えて良いだろう。長く良い脚も使えるし、セントライト記念では末脚も素晴らしいものを披露してくれただけに様々な展開に対応できるのは非常に魅力。初の阪神コースにはなるが気配も良さそうで当然警戒が必要。
ヤマカツエース

3/21 栗坂 57.7‐13.7 馬なり
3/28 栗CW(80.3)64.7‐12.0 一杯

評価:★3.5最終追い切り栗CW(80.3)64.7‐12.0一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体16番時計の好タイムを記録。中2週でもしっかりと負荷をかけて良い伸びを見せてくれた。久々の前走は4着と結果を残せなかったが、一度使われて状態も段々と上げて来ている印象。阪神成績は(0.0.1.4)と得意ではないのは気になるが素質は良いものを秘めているだけに注意はしておきたい。
サトノダイヤモンド

3/22 栗坂 64.3‐14.4 馬なり
3/28 栗CW(85.4)68.8‐11.7 一杯

評価:★3.0最終追い切り栗CW(85.4)68.8‐11.7一杯。6Fから一杯での追い切り、終いは11.7と良い伸びを見せているが、やはり以前のころと比べると少し物足りない動き。阪神では3戦3勝、叩かれてのレースで当然期待はあるが、今の気配はぱっとしないしどこまでやれるか。