最終追い切り

G3阪急杯2018☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は高松宮記念の前哨戦でもある、
G3阪急杯の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G3阪急杯・1週前&最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

2/15 栗坂 53.1‐12.5 馬なり
2/21 栗坂 52.9‐11.7 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗坂52.9‐11.7馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.7と抜群の伸びを披露。1週前も馬なりで良い動きを見せていたし2ヶ月間隔の空いた今回も仕上がりはかなり良い感じ。前走阪神カップでは4着と敗れはしたが強敵相手に0.4秒差、レース内容を考えても評価を落とす必要はまったくなし。今回の気配もかなり良し、人気はするだろうが当然有力の一頭で。

2/15 美坂 51.5‐12.1 強目
2/21 美坂 51.3‐12.1 強目

評価:★4.5最終追い切り美坂51.3‐12.1強目。強目での追い切りで水曜の美坂全体3番時計の破格の時計を記録。1週前も美坂全体8番時計を記録。1週前&最終追い切り共に自己ベストを大幅に更新する優秀な時計。昇級戦の前走でいきなり2着と好走、今回の追い切りを見ても調子が良いのは間違いなし。一気に相手は強化されるが今の勢いならチャンスはあり。オッズの妙味もありそうで非常に面白い一頭で。
タイムトリップ

2/7  南W 64.8‐13.7 馬なり
2/15 南W 67.4‐13.3 一杯
2/21 南W 66.6‐12.9 一杯

評価:★4.0最終追い切り南W66.6‐12.9一杯。一杯での追い切りで南W5F全体7番時計、終いも12.9と好タイムを記録。2週前には馬なりで南W5F全体3番時計の5F64.8と破格の好タイムを記録。古馬相手の重賞、前走CBC賞では14着と惨敗。今回も当然一筋縄ではいかないが、過去の追い切りの動きを見る限りではもっとやれても良い馬。今回の動きもかなり良いし追い切り通り動ければ激走があってもおかしくない。人気もないだろうしおさえておいても面白い。
ダイアナヘイロー

2/7  栗CW(81.7)66.2‐12.7 一杯
2/15 栗CW(79.7)65.0‐12.0 一杯
2/21 栗坂 51.8‐12.3 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗坂51.8‐12.3一杯。一杯での追い切りで水曜の栗坂全体19番時計の好タイムを記録。2週前&1週前の栗CWでは一杯で大外を周回して好タイムを記録するなど今回中3週ながらしっかりと負荷をかけられている点は好印象。ここ2戦は2桁着順と大敗続きではあるが調子自体は良さそう。前走叩かれたことで調子が上がってくれれば。今回負荷をかけたことによる反動がなければ面白くなりそうだが。
シュウジ

2/16 栗坂 57.6‐13.1 馬なり
2/21 栗坂 53.5‐11.9 馬なり 

評価:★3.5最終追い切り栗坂53.5‐11.9馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.9と良い伸び。今回中1週ということで負荷はそこまでかけてこなかったが、動き自体は良いし、疲れの心配はなさそう。一昨年の阪神カップで勝利している実績もあるしコース相性も良し。前走は道悪が応えたみたいで当日良馬場で走れれば。注意しておきたい。
カラクレナイ

2/15 栗CW   ‐12.4 馬なり
2/21 栗CW   ‐12.1 一杯

評価:★3.5最終追い切り栗CW終い12.1一杯。上がり中心の追い切りだったが終い12.1と良い動き。今回負荷はあまりかけられていないが、中3週でのレースで問題なし。前走シルクロードSでは内枠先行が有利ながら外から追い上げて4着と好走。引き続き気配は良いし、重賞勝利経験のある阪神1400mの舞台で警戒しておきたいところ。
レッドファルクス

2/8  南W(85.0)69.0‐12.1 一杯
2/15 南W   68.6‐12.8 強目
2/21 南D   68.3‐12.7 一杯

評価:★3.0最終追い切り南D68.3‐12.7一杯。一杯での追い切り、特別速い時計ではないが、しっかりと負荷をかけて追い切りされてきた。2週前には南W終い12.1を大外を周回して記録するなど動きは良いし、まだまだ万全でなくとも調子は悪くない。開幕週の馬場、斤量58キロと条件的に厳しい面はあるが実績は上位間違いないし、当然警戒が必要で。
ヒルノデイバロー

2/15 栗坂 51.1‐12.6 一杯
2/21 栗坂 53.8‐12.4 一杯

評価:★3.0最終追い切り栗坂53.8‐12.4一杯。1週前に引き続き一杯と負荷はかけられたが全体時計は平凡。1週前に栗坂全体51.1と好タイムを記録しているし気配は悪くないが、今回3ヶ月ぶりのレースで少し急仕上げ感あり。2走前のスワンSで12番人気2着と好走、重賞でも通用するところを見せてくれているし、注意はしておきたいが気配は万全とは言えなさそう。
モーニン

2/15 栗坂 51.4‐12.3 一杯
2/21 栗坂 52.0‐12.3 一杯

評価:★3.0最終追い切り栗坂52.0‐12.3一杯。一杯での追い切りで上々の時計を記録。1週前には栗坂全体51.4と好タイムを記録しているし調子は悪くない。ただやはり絶好調時と比べると物足りない感は多少なりともあり。前走阪神カップでは13番人気6着と善戦。芝でもやれるところを見せてくれただけに注意はしておきたいが。
アポロノシンザン

2/15 南W 68.1‐12.6 一杯
2/21 南W(86.4)70.4‐13.5 馬なり

評価:★3.0最終追い切り南W南W(86.4)70.4‐13.5馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、今回2ヶ月ぶりのレースで負荷の面を考えるとあと一本負荷のかかった追い切りが見たかったところ。前走は相手が強かったか14着と惨敗。ただ今回逃げ一発を見据えているとの情報もあり。内枠をゲットできたら注意が必要で。