最終追い切り

G3シンザン記念2018☆1週前&最終追い切り!好気配は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は注目の若駒も出走する、
G3シンザン記念の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G3シンザン記念・1週前&最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

12/28 栗坂 53.0‐12.7 馬なり
1/3  栗坂 52.1‐12.1 強目

評価:★4.5最終追い切り栗坂52.1‐12.1強目。強目での追い切りで栗坂全体52秒台前半、そして終いは12.1と素晴らしい伸びを披露。東スポ2歳Sでは2着と僅差の4着と善戦。重賞のここでも通用する力は十分にあり。今回中3週でもしっかりと追い切りされていて状態はかなり良さそう。道悪もこなせるし、前で競馬ができるのは開幕週なら当然プラス材料。ここは有力で。
人気ブログランキングへ→2 → ※エアアルマス・出走取消

12/27 栗CW(82.1)65.8‐11.8 G前
1/4  栗CW(84.8)68.8‐12.3 G前

評価:★4.5最終追い切り栗CW(84.8)68.8‐12.3G前。ゴール前で強く追い切り、時計自体は特別速いものではないが、全体的に良い動きを披露。1週前に栗CW5F65.8とかなりの好タイムを記録、中4週でもしっかりと負荷をかけられているし引き続き気配良好。新馬戦は2着と敗れはしたが、続く未勝利戦では上がり最速で2着馬を大きく突き放す圧勝劇。追い切りの動きを見てもかなりの素質を感じさせるし、ここでも当然有力の存在。
アーモンドアイ

12/20 南W(84.9)68.3‐13.3 馬なり
12/27 南W   69.7‐13.3 馬なり
1/3  南W   67.2‐13.3 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W67.2‐13.3馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体11番時計の好タイムを記録。今回3ヶ月と間隔は空いたが2週前からしっかりと乗り込まれていて段々と気配を上げてきている印象。こちらも前走未勝利戦では上がり最速の圧勝。今回主戦騎手からの乗り替わり、輸送、右回りと不安要素もあるが、追い切りの動きを見る限りこんあ不安も打ち消してくれそうな好気配ぶり。ここで勝利出来れば今後が非常に楽しみになるだけに要注目で。
カシアス

12/31 栗坂 54.9‐12.0 馬なり
1/4  栗坂 57.6‐11.9 馬なり

評価:★4.0最終追い切り栗坂57.6‐11.9馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.9と抜群の伸び。全体時計ではそこまで速い時計を記録してこなかったが、31日にも栗坂で終い12.0を馬なりで記録するなど中2週でも疲れも見せずに好気配。前走のレースを見ても1600mは少し長い印象はあるが、開幕週の平坦コースの京都ならチャンスは十分。ロスなく競馬が出来れば。
ファストアプローチ

12/31 南W   ‐13.1 馬なり
1/4  南W 69.0‐12.9 馬なり

評価:★3.5最終追い切り南W69.0‐12.9馬なり。馬なりでの追い切り、大外を周回して終い12.9と抜群の伸び。前走朝日杯では2着と僅差の6着と善戦。京都コースは初めてではあるが、先行できる脚質は開幕週でプラスに働きそう。前走が休み明けで今回が叩き2戦目で上積みも十分に考えられるし警戒しておきたい一頭。
ツヅミモン

12/27 栗坂 54.1‐12.2 馬なり
1/4  栗CW(84.4)67.5‐11.8 一杯

評価:★3.5最終追い切り栗CW(84.4)67.5‐11.8一杯。6Fから一杯での追い切りで終い11.8と良い伸び。1週前にも栗坂で終い12.2を記録するなど今回中3週でも疲れも見えず気配良好。まだキャリア1戦ではあるが素質はかなり良いものを秘めているしチャンスは十分。どこまでやれるか、今後が楽しみな存在。
スターリーステージ

12/27 栗坂 52.4‐12.8 一杯
1/4  栗坂 53.9‐12.4 一杯

評価:★2.5最終追い切り栗坂53.9‐12.4一杯。一杯での追い切り、特別速い時計ではないが終いは12.4と良い動き。京都マイル成績は(1.2.0.0)と好相性なのは当然魅力。開幕週の馬場を味方につけられれば。