調教分析・1週前追い切り

G1チャンピオンズC2017☆1週前追い切り!好気配は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回はダート界の頂点を決めるレース、
G1チャンピオンズCの1週前追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G1チャンピオンズC・1週前追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

11/22 栗CW(80.2)64.7‐13.4 馬なり一杯

評価:★4.51週前追い切り栗CW(80.2)64.7‐13.4馬なり一杯。6Fから追い切りされて5F全体5番時計の好タイムを記録。今回中3週でのレースにはなるが疲れも見せず好気配。今回初のG1で相手は強くなるが、前走のみやこSの内容を見る限り通用する力は十分。初の左回りにはなるが、追い切りでの動きを見る限りでは心配する必要はなさそう。前走の圧巻の内容が休み明けでのレース、一度使われての上積みもありそう、要注意の一頭で。

11/15 栗CW(82.9)66.5‐12.0 馬なり
11/22 栗CW(80.2)64.8‐12.5 一杯

評価:★4.51週前追い切り栗CW(80.2)64.8‐12.5一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体6番時計の好タイムを記録。今回3ヶ月ぶりで海外明けのレースにはなるが、2週前にも6Fから追い切りされていて、1週前も6Fから一杯としっかりと負荷もかけられていて現時点で気配良好。2走前のエルムSでレコード勝ちするなどここ最近は着実に力をつけてきている印象。中京では結果を残せていないがここ最近の勢いなら。最終追い切りでも良い動きを見ることが出来れば良い状態で出走できそう。
サウンドトゥルー

11/22 美坂 53.7‐12.9 強目

評価:★4.01週前追い切り美坂53.7‐12.9強目。強目での追い切りで全体&終いで好タイムを記録。前走JBCクラシックでは上がり最速、抜群の末脚を見せての勝利。中京コースは(2.0.1.0)、また今レースは昨年勝利した得意舞台。長い直線、そして坂のある中京コースなら自慢の末脚も十分に活かせそう。1週前の動きを見ても引き続き好気配、この仕上がりなら人気でもやはり有力の一頭で。
ケイティブレイブ

11/22 栗坂 53.4‐12.5 馬なり

評価:★4.01週前追い切り栗坂53.4‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と良い伸び。前走JBCクラシックでは強敵相手に2着と善戦。出遅れでの帝王賞勝利も記憶に新しいところ。ここ最近は成績も安定して確実に力をつけてきている印象。中京コースの坂、距離にも特に不安材料はなし。今回も要注意で。
アウォーディー

11/22 栗CW(81.6)66.4‐12.6 一杯

評価:★3.51週前追い切り栗CW(81.6)66.4‐12.6一杯。6Fから一杯での追い切り、時計自体は特別速いものではないが大外を周回しての内容、中3週でもしっかりと負荷をかけられていて好気配。前走は1番人気4着と結果を残せなかったが久々でのレースだったし特に気にする必要はなし。昨年の今レースで2着と好走していて舞台に文句なし。叩き2戦目で調子も上げてくるはず。前走の敗戦で人気落ちするのなら妙味も十分。当然期待の一頭で。
アポロケンタッキー

11/22 栗坂 52.2‐12.9 一杯

評価:★3.01週前追い切り栗坂52.2‐12.9一杯。一杯での追い切りで栗坂全体52.2と好タイムを記録。終いは少し時計を要したが1週前なら特に問題なし。前走は包まれるなど展開的に厳しいものがあったし気にする必要はなし。引き続き気配は悪くないし、最終追い切りでも良い動きを見せることができれば面白い一頭になりそう。
ゴールドドリーム

11/22 栗坂 53.1‐12.3 一杯

評価:★3.01週前追い切り栗坂53.1‐12.3一杯。一杯での追い切りで終い12.3と良い伸び。前走南部杯では勝ち馬に大差をつけられての5着だったが上がり最速を記録するなど復調の兆しは見せていた。昨年のフェブラリーSで勝利するなど実績は十分。現在栗坂での追い切りが3本、あとはプール調教という点が気になるが動き自体は良いし、最終追い切りでも良い動きを見ることが出来れば心配する必要はなさそう。鞍上もムーア騎手で注意したい。
コパノリッキー

11/22 栗CW(85.6)68.9‐12.4 馬なり

評価:★3.01週前追い切り栗CW(85.6)68.9‐12.4馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、今回は中3週を考慮してか軽目の内容。前走JBCクラシックでは1番人気2着と善戦。過去の今レースでは結果を残せてないが、前走の内容を見る限り十分にチャンスはありそう。最終追い切りでそこまで状態が上がっているか判断したい。
ノンコノユメ

11/26 南W   ‐14.0 馬なり

評価:★2.51週前追い切り南W終い14.0馬なり。馬なりで上がり中心の追い切り、中2週でそこまで負荷もいらないがプール調教がほとんどなのは少し気になるところ。ただ前走気配がそこまでの印象ながら4着と善戦してきた点は評価したい。現時点では特に推せる気配ではないが、最終追い切りで良い動きを見せることが出来れば。