最終追い切り

G2京王杯2歳S2017☆1週前&最終追い切り!好調馬は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回はG1阪神JF&朝日杯FSのステップレースでもある、
G2京王杯2歳Sの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G2京王杯2歳S・1週前&最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

10/19 栗坂 56.5‐13.2 馬なり
10/25 栗CW(80.7)64.7‐13.0 馬なり
11/1  栗CW(82.7)65.6‐11.9 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗CW(82.7)65.6‐11.9馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで栗CW5F全体23番時計、そして終い11.9と抜群の動き。1週前には栗CW5F全体6番時計を記録、今回2ヶ月ぶりのレースにはなるが気配は文句なし。前走新馬戦では後方からの差し切り勝ち。血統的にも距離短縮はプラスになりそう。素質はかなりのものを感じるし今回オッズ的にも妙味がありそう。ここは警戒しておきたい。

10/18 栗坂 51.6‐12.5 一杯
10/25 栗坂 51.9‐12.2 一杯
11/1  栗坂 53.6‐13.6 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗坂53.6‐13.6馬なり。馬なりでの追い切り、今週は軽目の内容だったが、2週前に栗坂全体51.6、1週前に栗坂全体51.9と続けて好タイムを記録。一杯でしっかりと負荷もかけられているし、今週はこれくらいで十分。現在2戦2勝、新馬戦で左回りも経験済み。こちらもかなりの力を秘めている馬。久々でも要注意で。
アサクサゲンキ

10/19 栗坂 52.6‐12.9 一杯
10/25 栗坂 52.5‐13.3 一杯
11/1  栗坂 52.2‐12.8 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗坂52.2‐12.8一杯。一杯での追い切り、終いは少し時計を要しているが、3週連続一杯で追い切りとしっかりと負荷もかけられているしこの3本で状態も上がってきている印象。前走でG3小倉2歳Sを勝利、今メンバーでは実績上位。距離は1F延長となるが、前走は控えての競馬で勝利と収穫も多かったし、1F距離が伸びる今回も当然警戒しておきたい。
タワーオブロンドン

10/18 美坂 57.1‐13.3 馬なり
10/25 美坂 53.3‐12.8 馬なり
11/1  美坂 56.5‐12.5 馬なり

評価:★3.5最終追い切り美坂56.5‐12.5馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが終いは12.5と良い伸び。1週前には美坂全体10番時計を記録しているし、久々でも気配は良さそうな印象。クローバー賞ではダブルシャープに敗戦したが上がり最速を記録、続くききょうSでは2着に大差をつけての勝利するなど実力は上位。前走馬体重が減っていたのが少し気になるが、これ以上減っていなければ大丈夫だろう。今回も当然警戒で。
トーセンアンバー

10/27 南W 70.4‐12.8 馬なり
11/1  南W 69.7‐12.7 強目

評価:★3.5最終追い切り南W69.7‐12.7強目。強目での追い切りで終い12.7を記録。全体時計は特別速い時計ではないが、外を周回してのもので終いの動きは良かった。1週前も馬なりで終い12.8を記録、中4週でもしっかりと動けていて気配良好。ここ3戦はいずれも上がり最速を記録するなど末脚はかなりのもの。距離短縮はどうかわからないが、直線の長いコースは魅力。出遅れさえなければチャンスは十分で。
ピースユニヴァース

10/25 南W   ‐13.2 馬なり

評価:★3.0最終追い切り南W終い13.2馬なり。馬なりでの追い切り、上がり中心の内容だが動きは上々。前走からの更なる上積みと言われるとどうかだが、今回唯一の東京勝利経験ありの馬。これは当然魅力、人気もそこまでしないのなら狙ってみるのも面白い。
カシアス

10/25 栗CW(82.9)68.1‐12.5 馬なり
11/1  栗CW(79.8)64.3‐12.0 強目

評価:★3.0最終追い切り栗CW(79.8)64.3‐12.0強目。6Fからの追い切りで栗CW5F全体64.3と好タイムを記録。ただこの時計は内を周回してのもので強く追い切りされての内容。数字は良いし気配は上々と考えて良さそうだが、久々だという面も含めてあと一本追い切りが欲しかったところ。函館2歳Sで重賞も勝利しているし素質は良いものを秘めているだけに当然警戒が必要だが、1Fの距離延長がどう出るか。