重賞予想

G1菊花賞2017☆予想!3会場平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

今回はG1菊花賞と京都&東京&新潟平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”8874″]
[kanren postid=”8888″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・アルアイン
・サトノアーサー
・アダムバローズ
上記の3頭。

3頭ともに栗CWでの最終追い切り。

サトノアーサーは、最終追い切り栗CW(85.0)67.5‐11.5馬なり。6Fから馬なりで終い11.5と抜群の伸びを披露。こちらも1週前に6Fから一杯で追い切りされて好タイムを記録。一度叩かれて状態も上がってきた印象。前走神戸新聞杯では3着、まだまだ満足のいくレースはできていないが、過去のレース&追い切りを見ても通用する力は十分に感じるし、一度叩かれてどこまで調子をあげられるか。折り合い次第でこの距離でも十分にやれそう。好仕上がりでここでも要注意で。

アダムバローズは、最終追い切り栗CW(81.9)65.6‐12.6馬なり。馬なりでの追い切りで5F全体65.6と好タイムを記録。1週前には栗CW5F全体3番時計の自己ベストタイの好タイムを記録していて状態が良いのは間違いなし。前走神戸新聞杯では10着と惨敗。今回の3000mという距離はこの馬にとって長い印象もあるが、追い切りの動きは文句ないし調子が良いのは間違いなし。京都で2勝と相性は良いし折り合いさえつけられれば。こちらも仕上がり良好、人気もしないだろうし面白い一頭で。

アルアインは、最終追い切り栗CW(81.6)65.1‐12.1馬なり。6Fから追い切りされて栗CW5F全体4番時計の好タイムを記録。1週前に一杯で追い切り、中4週でもしっかりと負荷をかけられていて好気配。前走セントライト記念ではミッキースワローに敗れはしたが、ダービー以来の休み明けで2着と好走。今回の追い切りの動きを見ても上積みも十分に感じられるし、一度叩かれて調子を上げているのは間違いなし。今回の3000mという距離はどの馬にとって未知の距離。当然この馬も未知の世界にはなるが、過去のレースを見ていてもこの距離でも十分に対応可能なところも感じさせるし、2冠制覇へ期待十分。

上記の理由により本命は、アルアインで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1菊花賞・予想

アルアイン

サトノアーサー

ミッキースワロー

トリコロールブルー

アダムバローズ

キセキ

ベストアプローチ

ダンビュライト

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

22日開催平場レース好調教馬

※今回から評価の表記を変更しました。
意味合い的には今までとほぼ同じですが、
もっと細かく評価をすることで狙い目本命馬と狙い目穴馬を区別することが狙いです。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《京都開催レース好調教馬》
【京都3R】

キタサンタイドー(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【京都4R】

注◎アントーニオ(栗CW)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

アントーニオは、最終追い切り栗CW(82.3)65.7‐11.8馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで栗CW5F全体18番時計、終いも11.8と抜群の動き。しっかりと乗り込まれていて気配も文句なし。かなりの素質を感じるし初戦から要注目の存在で。

【京都5R】

インスピレーション(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

インスピレーションは、最終追い切り栗CW(82.7)66.4‐11.9G前。ゴール前で強く追い切りされて好タイムを記録。まだまだ良化の余地はありそうだが、この時点でしっかりと動けているし通用する素質は十分。初戦から注意。

【京都8R】

注☆人気ブログランキングへ→1(栗CW)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.5》

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り栗CW(81.7)65.2‐12.0一杯。6Fからの追い切りで栗CW5F全体7番時計の好タイムを記録。1週前追い切り栗坂全体5番時計と2週続けて動けていて気配は抜群。今回3ヶ月半の休み明けにはなるが気配は文句なし。まだまだ底を見せていないし今後楽しみで。

コスモジョーカー(南W)
【総合:★3.5】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.0》

【京都9R】

注◎デリスモア(栗坂)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

デリスモアは、最終追い切り栗坂52.5‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで良い動きを披露。1週前にも栗CW5F全体5番時計を記録。2ヶ月半の休み明けでもしっかりと追い切りされていて気配良好。距離は違うが、京都でも勝利経験もあり。要注意で。

【京都10R】

オーヴィレール(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

モズハツコイ(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

テンテマリ(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.0》

【京都12R】

シンゼンスタチュー(栗坂)
【総合:★3.5】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.0》

《東京開催レース好調教馬》
【東京7R】

サンタナブルー(美坂)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

サンタナブルーは、最終追い切り美坂全体6番時計の好タイムを記録。11ヶ月の休み明けで間隔は空いたが動きは良いし仕上がりは上々。一度使ってからの印象もあるが、今回気配は悪くないし、オッズの妙味もあり。力はあるだけに狙って見ても面白そうで。

注☆人気ブログランキングへ→2(美坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.0》

人気ブログランキングへ→2は、2週前に南W5F全体3番時計の好タイムを記録。1週前はキリで時計は不明だったが、最終追い切りでしっかりと動けていたし気配良好と考えて良い。今回前走より1Fの距離短縮、これはプラスに出そうだし、この気配なら要注意で。

【東京8R】

トーセンラーク(南W)
【総合:★3.5】穴推奨:
《調:★3.5 / α:★3.5》

【東京10R】

プロディガルサン(南W)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

プロディガルサンは、4ヶ月ぶりの最終追い切り南W67.1‐12.7馬なり。馬なりで併せ馬を大きく追走して同入するなど良い動き。今回4ヶ月の休み明けでまだ万全の気配とは言えないがこれだけ動けたら自分の力は出せそう。力上位は間違いないしやはり注目で。

プロフェット(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

ショウナンマルシェ(南W)
【総合:★3.5】穴推奨:
《調:★3.5 / α:★3.5》

カレンリスベット(美坂)
【総合:★3.5】穴推奨:
《調:★3.5 / α:★3.0》

【東京11R】

注☆人気ブログランキングへ→3(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.0》

人気ブログランキングへ→3は、1週前&最終追い切り栗坂で抜群の動きを披露。芝からダートへの再転向。距離に少し不安要素はあるが、追い切り通りの動きができれば通用してもおかしくない。人気もしないだろうし面白い一頭。

【東京12R】

エグジットラック(南W)
【総合:★3.5】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

《新潟開催レース好調教馬》
【新潟4R】

注☆人気ブログランキングへ→4(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.0》

人気ブログランキングへ→4は、1週前&最終追い切り南Wで5F全体66秒台の好タイムを記録。初障害で狙いづらいところではあるがしっかりと追い切りされて好タイムを記録しているし素質は十分。警戒しておきたい。

【新潟6R】

シルバーストーン(美坂)
【総合:★3.5】穴推奨:
《調:★3.5 / α:★4.0》

【新潟9R】

ウーマッハ(南W)
【総合:★3.5】穴推奨:
《調:★3.5 / α:★4.0》

【新潟12R】

コスモフレンチ(南W)
【総合:★3.5】穴推奨:
《調:★3.5 / α:★3.5》