調教分析・1週前追い切り

G1スプリンターズS2017☆1週前追い切り!好気配は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は大注目のスプリント王決定戦、
G1スプリンターズSの1週前追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G1スプリンターズS・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

9/21 南W(80.9)64.8‐12.6 一杯

1週前追い切り南W(80.9)64.8‐12.6一杯。6Fから一杯での追い切りで南W5F全体3番時計の好タイムを記録。この時計はこの馬の自己ベストを更新する破格の時計。昨年の今レースでの1週前追い切りは南W(84.1)68.3‐13.0一杯。馬場の違いはあるが、明らかに時計も速いし負荷もしっかりとかけられていて気配はかなり良い。今回4ヶ月の休み明けにはなるが、昨年も3ヶ月の休み明けで勝利しているし、さらに動きの良い今回全く心配する必要はなし。人気するだろうが当然有力の存在で。

9/21 栗坂 50.7‐12.1 一杯

1週前追い切り栗坂50.7‐12.1一杯。一杯での追い切りで栗坂全体2番時計、終いも12.1と抜群の動きを披露。この時計もこの馬の自己ベストを更新する好タイム。ここ3戦は結果を残せていないが、前走キーンランドCでは調教危険馬として紹介、6着と敗れはしたが勝ち馬と0.4秒差、休み明けの面を含めてあの内容で善戦した印象。今回中4週と一度使われて出走できるのは大きな魅力。間隔を詰めてもしっかりと負荷をかけて追い切りされているし気配はかなり良い印象。3歳で斤量も55キロで出走可能、相手は当然強いが、実績馬の多くは休み明けでの1戦。付け入る隙は十分、要注意で。

レッツゴードンキ ★★★★

9/21 栗CW(90.8‐76.1)62.1‐13.2 馬なり

1週前追い切り栗CW(90.8‐76.1)62.1‐13.2馬なり。7Fから馬なりでの追い切りで栗CW5F全体1番時計と好タイムを記録。外を周回しての時計ではないが、馬なりでこの時計は破格。昨年の今レースでは9着と敗れはしたが、勝ち馬とは0.2秒差と僅差のレース。2走前の高松宮記念では上がり最速の2着と好走しているしスプリント戦でも実績十分。今回こちらも4ヶ月ぶりのレースにはなるがしっかりと長目から負荷をかけられていて好気配。最終追い切りであと一本良い追い切りを見ることができればかなり良い状態で出走できそう。こちらも要注目で。

メラグラーナ ★★★★

9/21 栗CW 74.4‐11.6 馬なり

1週前追い切り栗CW74.4‐11.6馬なり。馬なりでの追い切り、今回中2週を考慮してか全体時計は速い時計を出して来なかったが終いは11.6とさすがの脚を披露。前走セントウルSでは4着、上がり最速を記録していたし久々の分も含めて内容は上々と考えて良い。中山は3戦3勝と大の得意舞台。一度使われてかなりの上積みも期待できるし最終追い切りでも良い動きを見せてくれば当然警戒すべき有力の一頭に。

セイウンコウセイ ★★★★

9/13 南W 67.1‐13.3 馬なり
9/21 南W 67.7‐12.1 一杯

1週前追い切り南W67.7‐12.1一杯。一杯での追い切り、全体時計は特別速い時計ではないが、大外を周回して終いは12.1とさすがの好タイムを記録。2走前の高松宮記念でG1馬の仲間入り。前走函館スプリントSでは展開も向かず4着と敗れはしたが内容は悪くなかった。中山は未経験だが実績は文句ないし、現時点での気配も良好。1週前に一杯で追い切りされて状態も上げてくるはず。最終追い切りの動きには要注目で。

ダイアナヘイロー ★★★

9/14 栗CW(93.0‐77.5)63.0‐13.8 一杯
9/21 栗坂 52.8‐12.7 馬なり

1週前追い切り栗坂52.8‐12.7馬なり。馬なりでの追い切りで上々の動きを披露。2週前には7Fから追い切りされて栗CW5F63.0とかなりの全体時計を記録。終いはさすがに時計を要したが中5週でもしっかりと負荷をかけられているのは好印象。前走の北九州記念で見事重賞勝利、今回初の中山と不安要素はあるが、現在4連勝中の勢いを考えれば当然無視できない。

ネロ ★★★

9/21 栗坂 49.3‐12.4 一杯

1週前追い切り栗坂49.3‐12.4一杯。一杯での追い切りで栗坂 全体1番時計の好タイムを記録。内を周回しての追い切りとのことで、この数字を簡単に信用するのはどうかだが、それを考慮してもこの時計はいつもどおりかなり速い時計、ここ最近は不振続きだが調子は悪くなさそう。攻め駆けする馬ではあるが、昨年のスプリンターズSでは勝ち馬と0.1秒差の6着と善戦しているし通用する力は十分にあり。こちらも中4週での競馬で今回も注意しておきたい。

キングハート ★★★

9/21 南W(82.5)66.6‐12.8 強目

1週前追い切り南W(82.5)66.6‐12.8強目。6Fから強目での追い切り、外を周回して好タイムを記録。今回中5週でも疲れも見えず気配良好。函館スプリントSでは2着とセイウンコウセイに先着しているし通用する力は十分にあり。中山で勝利こそないものの2着2度の実績もあり。人気数でも注意しておきたい。

ファインニードル ★★★

9/21 栗坂 54.2‐13.0 馬なり

1週前追い切り栗坂54.2‐13.0馬なり。馬なりで軽目の追い切り、今回中2週でのレースで現時点ではこれくらいで問題なし。前走セントウルSで見事重賞勝利、今回鞍上が他の馬へと騎乗するため乗り替わりとなるのは当然プラス材料ではないが、この馬の今の勢いを考えたら警戒が必要。最終追い切りでどこまで負荷をかけてくるかにも注目で。

ダンスディレクター ★★★

9/21 栗坂 54.7‐13.0 馬なり

1週前追い切り栗坂54.7‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、こちらも中2週で軽目の内容。前走は7ヶ月半の休み明けで3着と好走、調教内容もそこまでと言った印象だったがあの仕上げで好走できたのは非常に魅力。今回一度使われて状態も上げてきそう。昨年のスプリンターズSでは大敗してしまったが、今週の最終追い切りの動き次第では上位評価も。

ビッグアーサー ★★

9/21 栗坂 51.8‐13.8 一杯

1週前追い切り栗坂51.8‐13.8一杯。一杯での追い切り、全体時計は51.8と上々の時計ではあるが、終いは13.8とかなりの時計を要した。昨年勝利した高松宮記念&セントウルSでは調教でかなりの時計を出してきていただけに現時点での動きは物足りない。1週前にハードに追い切りされてどれだけ変わることができるかだが、調整もあまりうまくいっていない印象。最終でよほどの動きを見せてくれば話は別だが、昨年も12着と大敗しているだけに今回どうか。