調教分析・1週前追い切り

G2マイラーズC2016☆1週前追い切り!好気配は?

[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回はG2マイラーズCです!

4月24日に開催されるG2マイラーズCの1週前追い切り診断です。

G2マイラーズC・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
4/14 栗CW(80.8)64.4‐11.8 馬なり

1週前追い切り栗CW(80.8)64.4‐11.8馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、外を周回して栗CW5F全体6番時計の好タイムを記録。終いも11.8と抜群の伸び。昨年の今レースは3着、その後のレースも勝ちきれてはいないが、強敵相手に好走を続けている。力上位は間違いないし、京都の開幕週の馬場も歓迎。海外明けのレースにはなるが、追い切りでの気配はかなり良いし、要注意。

ダノンシャーク
4/13 栗CW(80.2)65.5‐12.7 馬なり

1週前追い切り栗CW(80.2)65.5‐12.7馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで5F全体65.5と好タイムを記録。終いは12.7と少し時計を要したが、全体時計は速いし、1週前なら心配無用。ここ最近は負け続きだが、京都コースはG1マイルCSを勝利した得意舞台。現時点で気配は良いし58キロでも侮れない。

エキストラエンド
4/13 栗CW 67.3‐12.4 馬なり

1週前栗CW67.3‐12.4馬なり。馬なりで大外を周回して良い動きを見せた。京都のマイルでは好成績をあげているし、今回も注意しておく必要あり。

ダノンリバティ
4/14 栗坂 52.3‐12.8 馬なり

1週前追い切り栗坂52.3‐12.8馬なり。その週の栗坂は全体的にかなり時計がかかっていて、全体52.3は栗坂全体15番時計の好タイム、気配は引き続き良好。再び芝へと戻った今レース。どんなレースをしてくるのか楽しみで。

アルバートドッグ
4/13 栗CW(83.7)66.8‐12.3 一杯

1週前追い切り栗CW(83.7)66.8‐12.3一杯。6Fから一杯での追い切り、内目での時計でそこまで強調はできないが、動きは悪くない。前走は大敗したが、2走前の小倉大賞典では見事勝利。京都コースは(2.1.2.1)と好相性。最終追い切り次第では怖い存在に。

クルーガー
4/13 栗坂 54.0‐12.4 一杯

1週前追い切り栗坂54.0‐12.4一杯。一杯で追い切りされて全体54.0。いつもかなりの好タイムを記録してくる馬で現時点ではそこまで評価できない感じ。ただ過去の追い切りを見てもかなりの力を秘めているのは間違いなし。最終追い切り次第では。

サンライズメジャー
4/14 栗坂 59.0‐12.8 馬なり

1週前追い切り栗坂59.0‐12.8馬なり。中2週の為か、馬なりでの追い切りで軽目の追い切り。ここ2走りは複勝圏内には入れていないものの、G2・4着、G3・5着と好走。また京都コースは4勝している得意舞台。最終追い切りの動きには要注目で。

テイエムイナズマ
4/13 栗坂 53.2‐12.6 一杯

1週前追い切り栗坂53.2‐12.6一杯。一杯での追い切り、全体53.2と上々の時計を記録。以前から素質はかなりのものを持っていたが、レースでは中々結果が出なかった。ただ近2走は、1、2着と連続好走。今回相手は強いが、今の勢いなら通用する可能性は大いにあり。注意しておきたい。

ネオスターダム
4/13 栗坂 55.8‐13.4 馬なり

1週前追い切り栗坂55.8‐13.4馬なり。馬なり追い切りで軽目の追い切り。現在3連勝中と勢いは文句なし。京都コースも好成績。重賞で相手は強くなるが、通用する力はあり。最終追い切りの動きで評価の判断をしたい。

[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察