最終追い切り

G2ニュージーランドT2016☆最終追い切り!注目は?

[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は4月9日に開催される、G2ニュージーランドTの最終追い切り情報です。

G2ニュージーランドT・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
3/31 栗坂 52.5‐11.6 強目
4/6  栗坂 52.7‐12.2 一杯

最終追い切り栗坂52.7‐12.2一杯。一杯で追い切りされて終い12.2と良い伸び。1週前も栗坂終い11.6という破格の好タイムを記録しているし今回気配はかなり良い感じ。前走アーリントンカップでは8着と敗れはしたが、勝ち馬とは0.2秒差と僅差。過去の追い切りでもかなり動いてくる馬で高い能力を秘めているのは間違いなし。今回京王杯2歳Sで勝利した時と同じ蛯名騎手。要注意の一頭。

アストラエンブレム
3/31 南W   ‐12.8 馬なり
4/3  美坂 52.2‐12.4 馬なり
4/6  南W 68.2‐12.4 馬なり

最終追い切り南W68.2‐12.4馬なり。外目を周回して馬なり追い切りで終い12.4と良い伸び。31日、3日にも良い動きを見せていたしこちらも気配は文句なし。未勝利戦でブレイブスマッシュに0.7秒差と大差をつけて勝利している馬。良い末脚を持っているし今メンバーでは実力上位。気配も良いし当然警戒が必要な一頭。

ショウナンライズ
4/6  南W 64.2‐12.7 一杯

最終追い切り南W64.2‐12.7一杯。一杯で追い切りされて今週の南W5F全体1番時計の好タイムを記録。終いも12.7と良い脚。またこの時計は外目を周回してのもの。この追い切りでかなり仕上がった印象。前走は8着と破れはしたが、感冒で出走取消後の久々のレースだったし参考外。一度叩かれて上積みもありそう。人気もそんなにしないと思われるし面白い一頭、注意しておきたい。

レインボーライン
4/3 栗坂 51.2‐12.7 一杯
4/6 栗坂 58.3‐12.6 馬なり

最終追い切り栗坂58.3‐12.6馬なり。馬なり追い切り、今週は速い時計は出してこなかったが、1週前には自己ベストの好タイムを記録していて仕上がりは良い感じ。前走アーリントンカップで見事重賞勝利を飾っているし、勢いあり。騎手の乗り替わりがどうかだが、力はあるし当然怖い存在で。

カープストリーマー
3/31 栗坂 50.7‐12.5 馬なり
4/6  栗坂 53.7‐12.6 強目

最終追い切り栗坂53.7‐12.6強目。強目での追い切りで終い12.6と上々の伸び。1週前には栗坂で全体&終いで好タイムを記録していて中2週でも気配はかなり良い感じ。通用する力はありそうでこちらも無視できない一頭。

ダンツプリウス
3/30 栗坂 51.9‐12.8 一杯
4/6  栗坂 52.8‐12.7 一杯

最終追い切り栗坂52.8‐12.7一杯。2週続けて一杯での追い切り。1週前と比べて時計が遅くなっていると思うかもしれないが、今週の栗坂は先週と比べて時計がかかっているし心配無用。前走アーリントンカップで2着と好走していて勢いあり。今回前走と違う最終追い切り栗CWだが動きは良い、今回も有力の一頭。

サーブルオール
4/6 南W(82.3)66.7‐12.9 一杯

最終追い切り南W(82.3)66.7‐12.9一杯。6Fから追い切りされて最後までしっかりとした良い動き。過去3戦して中山で2勝している強みもあり。前走は強い競馬で勝利していて、今回中4週でもかなり良い動き。こちらも注意すべき一頭。

ジュンザワールド
3/30 南W   ‐14.1 馬なり
4/6  南W 65.8‐12.3 馬なり

最終追い切り南W65.8‐12.3馬なり。馬なり追い切りで南W5F全体8番時計の好タイムを記録。今回相手は強くなるし厳しいレースとなりそうだが、追い切りの動きは抜群だった。追い切り通り走ることができれば好走してもおかしくない。注意はしておきたい。

キャプテンペリー
3/30 南W 68.0‐13.1 馬なり
4/6  南W 66.1‐12.1 G前

最終追い切り南W66.1‐12.1G前。内を周回しての時計ではあるが、それでもこの時計はすばらしい好タイム。前走は休み明けでも見事勝利しているし今回叩き2戦目で上積みも十分。中山コースの適性もあるしこちらも面白い一頭。

ハレルヤボーイ
3/31 南W   ‐14.0 馬なり
4/6  南W 67.0‐12.4 馬なり

最終追い切り南W67.0‐12.4馬なり。馬なり追い切りで終い12.4と好タイムを記録。年明け3戦目だが、今回の追い切りでも良い動きを見せてきたし気配良好。前走は8着と敗れたが、過去の追い切りを見てもかなりの素質を秘めている馬。引き続き警戒しておきたい。

エクラミレネール
3/31 南W 66.4‐12.9 馬なり
4/6  南W 71.3‐12.9 馬なり

最終追い切り南W71.3‐12.9馬なり。馬なり追い切りで今週は速い時計なし。ただ1週前には追い切りで良い動きをしていたし気配は悪くない。桜花賞の出走は叶わなかったが、力はあるし無視はできない。

[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察