調教分析・1週前追い切り

G1高松宮記念2016☆1週前追い切り!好タイム馬多数!

[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。今回は注目のG1高松宮記念です!!

3月27日に開催されるG1高松宮記念の1週前追い切り好タイム馬の紹介をしていきます。

G1高松宮記念・1週前追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
3/16 栗坂 51.6‐12.3 馬なり

1週前追い切り51.6‐12.3馬なり。馬なり追い切りで全体51秒、そして終い12.3とすばらしい伸び。骨折明けの重賞2戦で2、1着と好走。今回鞍上は変わるが、追い切りの気配も抜群で、絶好調なのは明らかで特に心配しなくても良さそう。充実度は今メンバーでも上位。最終追い切りで終い11秒後半~12秒前半を記録してきたら文句なしの仕上がりと言えそう。

ハクサンムーン
3/17 栗坂 57.0‐11.7 馬なり

1週前追い切り栗坂57.0‐11.7馬なり。馬なり追い切りで全体時計は速くないが、終いでは11.7と抜群の伸びを見せた。今回中2週だがこの動きなら疲れの心配も無用。昨年の高松宮記念では2着と好走。昨年も今回と同じオーシャンS2着からの参戦。最終追い切りで昨年の栗坂51.8‐12.2一杯に近い時計が見られればかなり怖い存在になりそう。

ミッキーアイル
3/16 栗坂 51.7‐12.5 馬なり

1週前追い切り栗坂51.7‐12.5馬なり。この馬にしては速い時計ではないが、それでも中2週の馬なりで全体51秒台、終い12.5を記録してくるのはさすがといったところ。昨年の高松宮記念では勝ち馬と0.1秒差の3着と好走。ここ最近は控えてのレースをしていたが、前走では逃げて、この馬の持ち味を見せて勝利できたのはプラス材料。昨年の今レースでは最終追い切り栗CW。最終追い切りでは時計はもちろん、追い切りのコースにも注目で。

ローレルベローチェ
3/17 栗坂 49.6‐13.0 一杯

1週前追い切り栗坂49.6‐13.0一杯。一杯で追い切りされて栗坂全体2番時計の破格の好タイムを記録。終いは13.0と少し時計を要したが、しっかりと負荷もかけられていて好気配。3連勝で挑んだG3シルクロードSでは2着と好走。今回一気に相手は強力になるが、中京での勝利経験もあるし当然無視はできない。

ビッグアーサー
3/17 栗坂 49.5‐13.3 一杯

1週前追い切り栗坂49.5‐13.3一杯。一杯で追い切りされて終いは少し時計を要したが、栗坂全体1番時計と破格の好タイムを記録。前走は大外枠、また使われすぎた影響もあってか5着と惨敗。ただこの馬の実力はこんなものではないし、気配も良い感じで当然侮れない。

スノードラゴン
3/18 美坂 54.1‐13.2 馬なり

1週前追い切り美坂54.1‐13.2馬なり。馬なり追い切りで全体&終い共に好タイムを記録。久々の前走オーシャンSでは8番人気ながら3着と好走。G1馬で当然通用する力はあり。叩き2戦目、中2週でこの動きなら当然警戒しておく必要あり。

ウリウリ
3/16 栗坂 51.6‐12.2 一杯

1週前追い切り栗坂51.6‐12.2一杯。一杯で追い切りされて最後までしっかりとした良い動き。ここ最近のレースは3戦連続5着と中々結果は出せていないが、中京コースは2戦2勝の得意舞台。現時点で気配はかなり良いし、最終追い切りでもう一本良い追い切りを見ることができればかなり面白くなりそう。

ウキヨノカゼ
3/17 南W 67.7‐12.5 馬なり

1週前追い切り南W67.7‐12.5馬なり。外目を周回して馬なりで終い12.5とすばらしい伸び。前走京都牝馬Sでは15着と大敗したが、休み明けで体重も増えていたし気にする必要はなし。昨年のG1スプリンターズSでは上がり最速の3着と激走。今回叩き2戦目、追い切りの動きも良い。追い込み馬で展開に左右されやすいが、展開が向けばチャンスがあってもおかしくない。

サクラゴスペル
3/16 美坂 52.9‐14.4 一杯

1週前追い切り美坂52.9‐14.4一杯。一杯での追い切りで美坂全体1番時計の好タイムを記録。ただ終いは14.4と少し時計を要したのは気になるところ。今回海外明けのレースで現時点では強調できないが、昨年のスプリンターズSでは2着と好走しているし、最終追い切り次第では。

アルビアーノ
3/20 美坂 56.3‐12.6 強目

1週前追い切り美坂56.3‐12.6強目。強目での追い切りで終い12.6と良い動き。ただ前走の躓きの影響が気になるところ。実力はあるし最終追い切りで判断したいところ。

レッツゴードンキ
3/16 栗坂 52.8‐12.6 一杯

1週前追い切り栗坂52.8‐12.6一杯。一杯での追い切り、動きは悪くないが、この馬にしては平凡な時計。マイルCS、阪急杯共に敗れはしたが、僅差だったし、追い切りでも毎回抜群の動きをしてくる馬。素質は十分、初のスプリント戦になるが無視はできない。

エイシンブルズアイ
3/21 栗坂 59.2‐14.7 馬なり

21日に栗坂で軽目の追い切り。前走オーシャンSではハクサンムーン、スノードラゴンの実力馬を破っての勝利。今勢いが最もある一頭。最終追い切り次第で。

[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察