調教分析・1週前追い切り

G2弥生賞2016☆1週前追い切り!注目のあの馬は?

[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。今回は注目のG2弥生賞です!

3月6日に開催されるG2弥生賞の1週前追い切り好タイム馬の紹介をしていきます。

G2弥生賞・1週前追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
2/24 栗坂 50.8‐12.0 一杯

1週前追い切り栗坂50.8‐12.0一杯。一杯で追い切りされて栗坂全体7番時計の好タイムを記録。前走朝日杯では直線で抜け出して勝利も見えたが後ろから強力な一頭に差されて2着。ただレース運びのうまさでいうとこちらの馬の方が上位の印象。追い切りの動きは毎回良く、今回もしっかり負荷をかけられている点も魅力。今回2Fの距離延長が鍵、ここが今後を占う一戦となりそう。

マカヒキ
2/24 栗CW(97.4‐82.5)66.7‐12.0 強目

1週前追い切り栗CW(97.4‐82.5)66.7‐12.0強目。内目を周回してのものだが、最後までしっかりとした動きで好気配。今回普段と違う栗CW7Fからの追い切りでレースの本気度も高そう。2戦2勝、いずれも上がり最速と力上位は間違いなし。前走で2000mの距離で勝利していて距離適性は文句なし。当然有力の一頭。

リオンディーズ
2/24 栗CW 68.3‐11.9 馬なり

1週前追い切り栗CW68.3‐11.9馬なり。大外を周回して、全体は68秒台だったが、終いは11.9と抜群の伸び、さすがの末脚を持った馬。こちらも2戦2勝&連続上がり最速を記録。前走みたいな大外一気となると展開にも左右されやすいが、前走の末脚を見せられるとやはり要注意。ここを勝利すればクラシックも見えてくる。

タイセイサミット
2/24 栗坂 54.4‐12.1 強目

1週前追い切り栗坂54.4‐12.1強目。強目での追い切り、全体時計は特別速くはないが、終いは12.1と良い伸びを見せた。今回強力メンバー相手で実績的には見劣りするが、こちらは前走中山2000mを上がり最速で勝利した強みあり。現時点での中山適性はこちらに分あり。決して無視はできない。

[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察