調教分析・1週前追い切り

G3小倉記念2015☆1週前追い切り!注目は栗CW&栗坂の…

[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。
今回は8月9日に開催されるG3小倉記念の1週前追い切り好タイム馬の紹介です。

小倉記念・1週前追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※2週前追い切りで好タイムを記録している馬は2週前のタイムも公開。

人気ブログランキングへ→1
7/23 栗CW(97.0-80.5)65.3-11.7 一杯
7/29 栗CW(78.8)63.9-12.3 一杯

1週前栗CW栗CW(78.8)63.9-12.3一杯。大外を周回して5F全体2番時計の好タイムを記録。2週前にも7Fからしっかりと追い切りされて絶好の動き。ここ最近の重賞では敗れてはいるが、勝ち馬との差は0.5秒以内でそこまで差はない。現時点でかなり仕上がっている印象、これはかなり期待できそうな気配で要注意。

人気ブログランキングへ→2
7/22 栗坂 52.8-12.3 馬なり
7/29 栗坂 53.2-11.9 一杯

1週前栗坂53.2-11.9一杯。一杯で追い切って終い11秒台の好タイムを記録。1週前でこれだけ動けるあたり非常に調子が良さそう。2000mの距離が不安ではあるが、前走阪神2000m・16番外枠で先行して4着と好走した点を考えても心配なさそう。今週の動き次第では非常に怖い存在になりそう。

クランモンタナ
7/30 栗坂 52.4-12.2 一杯

1週前栗坂52.4-12.2一杯。一杯で追い切りされて全体&終いで好タイムを記録。前走七夕賞では大敗したが、現時点で好気配。昨年2着と好走した新潟記念では最終追い切り栗坂51.8-12.8一杯。今週これくらいの時計を出すことができれば。

タガノグランパ
7/25 栗CW(97.1-80.6)65.5-12.4 馬なり
7/29 栗CW(84.3)68.8-12.4 馬なり

1週前栗CW(84.3)68.8-12.4馬なり。1週前は派手な時計ではなかったが、25日に7Fから追い切って全体&終いで好タイムを記録、しっかりとした動きで良い動き。最近は不振傾向だが、ダービー&菊花賞では4着に入るなど実力はある馬。今週の動きにも注目したい。

[sc:+α 中団 通常 ]

ベルーフ
7/30 栗CW(87.8)70.3-12.5 馬なり

1週前栗CW(87.8)70.3-12.5馬なり。現時点で速い時計なし。いつもそれほど速い時計を出してくる馬ではない為、最終追い切りで栗CW追い切りならば、68.0秒前半-12秒前半位出すことができれば、無視できない存在になりそう。

メイショウナルト
7/30 小ダ 69.0-12.8 馬なり

1週前小ダ69.0-12.8馬なり。特別速い時計ではないが上々の動きで1週前でこれだけ動けたら十分。一昨年は1着、昨年は3着と実績もあり。夏競馬は得意でやはり無視できない。最終追い切りでどんな動きをしてくるか注目。

マローブルー
8/2 小ダ 69.5-12.6 馬なり

1週前小ダ69.5-12.6馬なり。今回中2週で1週前は軽目の追い切り。ここ最近の成績を見れば力をつけてきているのは明らか。今回牡馬相手の強いメンバー相手となるが、ハンデ戦で斤量差もあるし期待十分。

アズマシャトル
7/29 栗坂 56.0-13.0 馬なり

1週前栗坂56.0-13.0馬なり。こちらも今回中2週でのレース。前走は敗れはしたが、2走前の鳴尾記念では3着と好走。1着との差は0.4秒で、勝ち馬のラブリーデイはその後宝塚記念を勝利している。これを考えても通用する力は十分。こちらも注目の存在。

[sc:+α 下段 ]