調教分析・1週前追い切り

重賞・1週前追い切りプチ情報!part6

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
不定期で1週前追い切りプチ情報として、
1週前追い切りで抜群の動きを見せている馬を紹介していこうと思います。
◎=本命サイド
★=穴サイド
(※特に目立つ馬がいない場合は該当場なしの場合もあります。)

それではさっそく見ていきましょう。

G3函館スプリントS・1週前追い切りプチ情報

タワーオブロンドン

【調教評価:〈4.5〉】

6/5  南W 65.0-12.7 馬なり

1週前追い切り南W65.0-12.7馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体3番時計の好タイムを記録、併せ馬を大きく追走して同入するなど抜群の動き。今メンバーで重賞実績はトップ。今回の鍵は初の1200m戦。ただ前走京王杯スプリングCで、久々ながらレコード勝ちするなど勢いは文句ないし、この距離でも十分にやれそうなところを見せてくれた。斤量58キロでも今のこの好気配なら要警戒で。

ライトオンキュー

【調教評価:〈4.0〉】

6/9  函W 68.1-11.7 一杯

9日に函W68.1-11.7一杯。一杯で追い切りされて函W終い11.7と抜群の伸びを披露。2019年に入り、500万クラス、1000万クラス(旧称)を連勝。続く準オープンでは初の1200m戦で、勝利するなどまだまだ良くなる余地は十分にあり。今回もしっかりと動けているし最終追い切り次第では面白くなりそう。

G3ユニコーンS・1週前追い切りプチ情報

ノーヴァレンダ

【調教評価:〈4.0〉】

6/5  栗CW(79.7)65.5-12.0 一杯

1週前追い切り栗CW(79.7)65.5-12.0一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体17番時計の好タイムを記録、併せ馬を大きく追走して先着するなど意欲的な追い切りを見せた。新馬戦こそ競走中止になったが、続く未勝利戦から3連勝。前走オープン伏竜Sでは5着と敗れはしたが、砂を被ったのも影響したとのこと。元々530キロ前後の素質を感じさせる好馬体。東京コース替わりでの一変に警戒しておきたい。

ヴァニラアイス

【調教評価:〈4.5〉】

6/5  栗坂 49.8-12.6 強目

1週前追い切り栗坂49.8-12.6強目。強目での追い切りで栗坂全体1番時計タイの自己ベストを大幅に更新する好タイムを記録。芝からデビュー、5戦目からダートに転向しいきなり勝利。続くオープンクラスは3着、1着と続けて好走。力の高さを証明してくれた。今回初の東京コース&1600mへの距離延長と課題は多いが、今回の追い切りの動きは別格。やってくれそうな気配はあるし決して無視できない。