調教分析・1週前追い切り

重賞・1週前追い切りプチ情報!part3

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
不定期で1週前追い切りプチ情報として、
1週前追い切りで抜群の動きを見せている馬を紹介していこうと思います。
◎=本命サイド
★=穴サイド
(※特に目立つ馬がいない場合は該当場なしの場合もあります。)

それではさっそく見ていきましょう。

G1ダービー・1週前追い切りプチ情報

ヴェロックス

【調教評価:〈4.5〉】

5/16 栗CW(78.7)63.6-11.2 一杯

1週前追い切り栗CW(78.7)63.6-11.2一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体2番時計、そして終いは11.2と破格の時計を記録。前走皐月賞では惜しくも2着。直線半ばでの接触が痛かった。ただアタマ差2着と十分に逆転は可能。今回1週前追い切りでしっかりと負荷をかけて抜群の気配を見せているし要警戒で。

シュヴァルツリーゼ

【調教評価:〈4.0〉】

5/16 南W 68.1-12.1 馬なり

1週前追い切り南W68.1-12.1馬なり。馬なりでの追い切り、内目を周回しての時計ではあるがそれでも南W終い12.1は優秀な時計。前走はポディション取りもうまくいかず12着と惨敗。ただ弥生賞で2着に入るなど素質は十分。前走の経験を活かせれば。

G2目黒記念・1週前追い切りプチ情報

ブラストワンピース

【調教評価:〈4.5〉】

5/16 南W(79.6)65.0-12.7 一杯

1週前追い切り南W(79.6)65.0-12.7一杯。6Fからの追い切りで南W5F全体1番時計の好タイムを記録。前走大阪杯は6着と敗れはしたが3ヶ月ぶりのレースだったし、後手後手のレースで参考外。今回ハンデが斤量59キロと条件は厳しいがこのメンバー相手なら力上位間違いなし。気配も良いし当然警戒したい。

ムイトオブリガード

【調教評価:〈4.5〉】

5/15 栗CW(79.2)64.6-11.7 一杯

1週前追い切り栗CW(79.2)64.6-11.7一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体6番時計の好タイムを記録。前走大阪杯は相手が強かったが、今回は相手関係も楽に。また東京2400mでは3勝、またアルゼンチン共和国杯では2着と好走するなど東京コースの実績は十分。得意舞台での一変に期待したい。

重賞葵S・1週前追い切りプチ情報

アイラブテーラー

【調教評価:〈4.0〉】

5/8  栗坂 51.2-12.4 一杯
5/16 栗坂 51.9-12.0 強目

1週前追い切り栗坂51.9-12.0強目。強目での追い切りで全体51秒台、そして終い12.0と最後までしっかりとした良い動き。前走&前々走と続けて上がり最速を記録するなど素晴らしい末脚あり。1200mで折り合いの心配も無用。少し間隔は空いたものの、2週前もしっかりと負荷をかけて追い切りされているし気配良好。警戒で。

セプタリアン

【調教評価:〈4.5〉】

5/15 栗CW(81.9)64.7-11.5 一杯

1週前追い切り栗CW(81.9)64.7-11.5一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体9番時計の好タイムを記録。前走は馬の後ろにつけてリズムよく走って勝利。2走前に京都1200mで5着と敗れているがこの時は5ヶ月ぶりのレース。今回の追い切りの動きを見てもかなりの素質を感じるし人気薄でも警戒しておきたい。