最終追い切り

G1オークス2019☆1週前追い切り&最終追い切り!注目は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、牝馬クラシック第2戦、注目の牝馬最長距離2400mの、
G1オークスの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G1オークス・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

5/8  栗CW(80.9)65.4-11.4 一杯
5/15 栗坂 54.7-12.8 馬なり

最終追い切り栗坂54.7-12.8馬なり。馬なりでの追い切り、今週は軽目の追い切りではあったが良い動きを見せていた。今回の追い切りで注目すべきは1週前追い切り。栗CW(80.9)65.4-11.4一杯。一杯での追い切り、6Fの長目から追い切りされて終いも11.4と最後まで抜群の動きを見せていた。現在新馬戦から負けなしの3連勝。桜花賞への出走は叶わなかったが、全兄はあのリアルスティールと良血。距離延長もこなしてくれそうだし、追い切りの動きを見てもさすがの素質を感じさせる素晴らしい動き。今回有力の存在で。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

5/9  栗CW(98.2-80.9)65.1-11.3 一杯
5/15 栗坂 52.3-12.0 強目

最終追い切り栗坂52.3-12.0強目。強目での追い切りで水曜の栗坂全体30番時計、終いも12.0と抜群の動きを披露。また1週前には7Fの長目から追い切りされて終い11.3と素晴らしい動きを披露。ここまでマイルまでしか距離の経験はないが、今回主戦騎手が何週も前から追い切りで騎乗するなど熱心に乗り込まれている点は好印象。距離は未知だが今回そこまで人気もしないだろうし面白い一頭で。

ウインゼノビア

【評価:〈4.5〉】

5/8  南W(82.6)66.8-12.1 馬なり
5/15 南W(85.0)68.7-12.8 馬なり

最終追い切り南W(85.0)68.7-12.8馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、今週はそこまで速い全体時計は出してこなかったが、外を周回して良い伸び。1週前には南W5F全体66.8で終い12.1を馬なりで記録するなど文句なしの動きで気配良好。前走フローラSでは7着と敗れはしたが4ヶ月半ぶりのレース。今回の追い切りの動きは前走よりも明らかに良くなっているし上積みも十分。距離は当然未知ではあるが、警戒しておきたい一頭で。

エールヴォア

【評価:〈4.0〉】

5/2  栗CW(92.7-77.1)62.6-12.5 強目
5/8  栗CW(83.9)68.2-12.1 一杯
5/15 栗坂 53.8-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂53.8-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.3と良い伸び。2週前には栗CWで7Fの長目から追い切りされて栗CW5F全体2番時計の好タイムを記録。前走桜花賞では7着と敗れはしたがスタートでトモを滑らせてしまったとのこと。終いは伸びてきていたし、今回の追い切りの動きを見てももっとやれてよいはず。こちらも妙味ありの一頭で。

ウィクトーリア

【評価:〈4.0〉】

5/11 南W   -13.4 馬なり
5/15 南W   -12.4 馬なり

最終追い切り南W終い12.4馬なり。馬なりでの追い切りで南W終い12.4と抜群の伸び。前走フローラSでは普段とは違う後方からの競馬で見事上がり最速の勝利、普段とはちがう新たな一面を見せてくれた。血統的にも長距離は合いそうだし、この気配なら一級線のこの相手でも警戒したい。

コントラチェック

【評価:〈3.5〉】

5/8  南W   -13.7 馬なり
5/15 南W 69.9-12.8 馬なり

最終追い切り南W69.9-12.8馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速い時計ではなかったが、外を周回して終い12.8と良い動き。前走フラワーCでは重賞でも見事に逃げ切り勝ち。姉のバウンスシャッセもオークスで3着と好走していてこの馬も距離延長に不安はなさそう。かなりの素質を感じる一頭、ここも有力の一頭で。

クロノジェネシス

【評価:〈3.0〉】

5/8  栗CW(85.1)68.9-12.6 馬なり
5/15 栗CW(84.3)68.1-11.7 馬なり

最終追い切り栗CW(84.3)68.1-11.7馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで終い11.7と良い伸び。阪神JF2着、クイーンC1着、桜花賞3着と実績は上位。こちらも血統的に距離延長は大丈夫そう。能力上位は間違いないし、ここでG1初勝利と行きたいところ。

シェーングランツ

【評価:〈3.0〉】

5/8  美坂 59.8-13.9 馬なり
5/15 南W   -13.3 馬なり

最終追い切り南W終い13.3馬なり。上がり中心の追い切りで上々の動き。前走桜花賞では9着だったが、上がりで良い脚を見せていたし、姉はオークスを勝利したソウルスターリング。アルテミスSで東京勝利経験もあるし侮れない一頭。

ダノンファンタジー

【評価:〈3.0〉】

5/9  栗坂 56.7-12.9 馬なり
5/12 栗CW(81.8)66.4-12.0 馬なり
5/15 栗坂 55.4-13.1 馬なり

最終追い切り栗坂55.4-13.1馬なり。馬なりでの追い切り、動きは悪くないが、過去重賞を勝利している時は栗CWでかなりの好タイムを記録していただけに今回は少し物足りない印象あり。ただ過去のレースを見ても実績、素質は上位で当然警戒が必要な一頭ではあるが、距離も未知だし人気し過ぎるのならどうか。