最終追い切り

G1NHKマイルC2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、3歳マイル王決定戦の、
G1NHKマイルCの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G1NHKマイルC・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

4/27 南W 69.2‐12.9 強目
5/1  南W(83.0)66.9‐13.0 馬なり

最終追い切り南W南W(83.0)66.9‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、不良馬場で馬場が悪かった1日に南W5F全体66.9と好タイムを記録。1週前も外を周回して良い動きを見せていたし気配良好。前走G2ニュージーランドTでは上がり最速で3着と好走。2走前には東京マイルで素晴らしい末脚で勝利しているし、今回も展開さえ向けばチャンスは十分。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

4/24 栗CW(82.4)67.6-11.6 一杯
5/2  栗CW   -11.6 馬なり

最終追い切り栗CW終い11.6馬なり。上がり中心の追い切りではあったが栗CW終い11.6と素晴らしい伸びを披露。1週前も併せ馬を大きく追走して先着するなどしっかりと負荷もかけられているし、3か月ぶりの今回も良い状態で出走出来そう。重賞初挑戦の前走きさらぎ賞ではしっかりと折り合いもついて見事なレース展開で勝利。今回初の東京コースにはなるが、左回りは中京コースで勝利しているし経験済み。仕上がりも良いしここは有力の存在で。

グルーヴィット

【評価:〈4.5〉】

4/24 栗坂 54.3‐12.2 強目
5/1  栗坂 51.3‐12.2 強目

最終追い切り栗坂51.3‐12.2強目。強目での追い切りで栗坂全体8番時計の好タイムを記録。1週前も栗坂で終い12.2と良い伸び。前走初芝のファルコンSでは見せ場十分の2着と激走。芝でも通用するところを見せてくれた。過去ダート戦で東京コースの勝利経験もあるし輸送の心配はなさそう。時計の出にくかった1日のこの時計は魅力的。警戒しておきたい。

イベリス

【評価:〈4.0〉】

4/26 栗CW(81.2)66.0-11.6 強目
5/1  栗CW(79.7)64.5-12.2 馬なり

最終追い切り栗CW(79.7)64.5-12.2馬なり。6Fから大外を周回して栗CW5F全体13番時計の好タイムを記録。前走アーリントンCでは普段とは違うハナでの展開。これが功を奏して見事逃げ切り勝ち。距離を伸ばしてマイルでも通用するところを見せてくれた。今回相手も強化されるが、今回の追い切りの動きを見ても調子が良いのは間違いなし。人気薄でも警戒しておきたい一頭。

グランアレグリア

【評価:〈4.0〉】

4/24 南W 72.7-13.5 馬なり
5/2  南W 68.8-12.4 馬なり

最終追い切り南W68.8-12.4馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計はそこまで速い時計を出してこなかったが、外を周回して南W終い12.4とさすがの動きを披露。今回桜花賞からの参戦。近年ではメジャーエンブレムなどが勝利している今レース、前走桜花賞は朝日杯3着後の、4か月ぶりのレースながら勝利するなど力の高さを証明。新馬戦&サウジアラビアRCと東京マイルでは2戦2勝と相性も良し。今回中3週にはなるが追い切りの動きを見ても引き続き好調維持と考えて良さそう。人気はするだろうが当然有力の一頭で。

アドマイヤマーズ

【評価:〈3.5〉】

4/25 栗坂 52.0-12.5 馬なり
5/1  栗坂 56.6-12.9 馬なり

最終追い切り栗坂56.6-12.9馬なり。馬なりでの追い切り、今週はそこまで負荷をかけてこなかったが、1週前に栗坂で馬なりで好タイムを記録。今回中2週でもしっかりと動けているし気配良好と考えて良さそう。朝日杯を制するまで4戦4勝とこの世代では実力は屈指。距離を伸ばした共同通信杯では2着、皐月賞では4着と距離はマイルが一番良さそう。今回再度マイルの舞台へと変わるのは当然プラス材料。気配も良いしここは当然無視できない存在で。

ファンタジスト

【評価:〈3.5〉】

4/25 栗坂 56.4-13.3 馬なり
5/1  栗坂 53.1-11.9 一杯

最終追い切り栗坂53.1-11.9一杯。一杯での追い切りで栗坂終い11.9と素晴らしい伸び。前走皐月賞では13着と大敗。新馬戦の1200mから距離を伸ばして、2走前のスプリングSでは2着と好走。マイルでも距離の心配はそこまでなし。過去の追い切りを見ても素質はかなりのものを感じるし今回も注意しておきたい。

カテドラル

【評価:〈3.0〉】

5/2 栗坂 57.2-12.5 馬なり

最終追い切り栗坂57.2-12.5馬なり。馬なりでの追い切り、全体的に軽目の内容だったが、終いは12.5と良い伸び。野路菊Sでは皐月賞で2着と好走したヴェロックスに先着、前走アーリントンCでは2着と好走しているし、マイルの舞台は合いそう。こちらも注意しておきたい一頭。