重賞予想

G3新潟大賞典2019☆予想!京都&新潟平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG3新潟大賞典&京都・新潟平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G3新潟大賞典2019☆1週前&最終追い切り!注目は?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 今回は、外回りのハンデキャップ重賞、 G3新潟大賞典の1週前&最終追い切り...

上記の記事で本命候補になったのは、
・ショウナンバッハ
・メートルダール
上記の2頭。

2頭共に南Wでの最終追い切り。

ショウナンバッハは、最終追い切り南W終い12.0。南W終い12.0となかなか見られない時計を記録。1週前にも馬なりで終い12.2と素晴らしい動きを見せていたし状態はかなり良い感じ。ここ最近は結果を残せていないが、昨年の新潟記念で13番人気3着と激走。その3走後の中日新聞杯でも12番人気2着と激走するなど、通用する力は十分。今回ハンデ戦で斤量54キロで出走できるのは魅力。気配も良いし、展開さえ向けば力はあるだけに面白くなりそう。

メートルダールは、最終追い切り南W65.7‐12.6馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体5番時計とかなりの好タイムを記録。前走金鯱賞では13着と敗れはしたが、昨年の新潟記念では2着と好走、重賞実績もあるしここでも力上位。動きもかなり良いし斤量57キロでも有力で。

上記の理由により本命は、メートルダールで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3新潟大賞典・予想

メートルダール
ロシュフォール
アストラエンブレム
ショウナンバッハ
エアアンセム
スズカデヴィアス
ルックトゥワイス
ミッキースワロー

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

平場レース好調教馬

《京都開催レース好調教馬》

【京都5R】

ゴットパシオン(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【京都6R】

メイショウオニテ(栗坂)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

メイショウオニテは、最終追い切り栗坂51.9-12.3一杯。一杯での追い切りで栗坂全体51秒台の好タイムを記録。スタートを決めて展開が向けばチャンスは十分で。

【京都7R】

注☆人気ブログランキングへ→1(栗坂)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.5》

人気ブログランキング→1は、最終追い切り栗坂51.4-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体17番時計の好タイムを記録。1週前にも栗CW5F全体15番時計を記録するなど2週続けて良い動き。前走は15着と大敗したが、今回自己ベストをマークしていて、休養前よりも状態は良い印象。通用する力はあるし警戒しておきたい。

【京都8R】

注◎パルフェクォーツ(栗CW)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

パルフェクォーツは、最終追い切り栗CW(79.7)64.0-11.9馬なり。6Fから大外を周回して栗CW5F全体8番時計の好タイムを記録。1週前には栗CW5F全体1番時計と破格の時計を記録、今回4か月ぶりのレースにはなるがそれを感じさせない抜群の動き。好仕上がりでいきなり注目。

【京都11R】

ヒロシゲゴールド(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

《新潟開催レース好調教馬》

【新潟10R】

ワンダーアマービレ(栗坂)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

ワンダーアマービレは、最終追い切り栗坂50.6-12.8馬なり。馬なりでの追い切りで自己ベストを更新する好タイムを記録。前走は4着ながらも大外から上がり最速の素晴らしい脚を披露。展開次第では期待十分。