重賞予想

G3青葉賞2019☆予想!東京&新潟平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG2青葉賞&東京・新潟平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G2青葉賞2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 今回は、上位2頭に日本ダービーへの優先出走権が与えられる、 G2青葉賞の1...
あわせて読みたい
G1天皇賞春2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 今回は、伝統の長距離G1レース、 G1天皇賞春の1週前&最終追い切り情報で...
あわせて読みたい
G3新潟大賞典2019☆1週前&最終追い切り!注目は?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 今回は、外回りのハンデキャップ重賞、 G3新潟大賞典の1週前&最終追い切り...

上記の記事で本命候補になったのは、
・サトノラディウス
・ランフォザローゼス
上記の2頭。

2頭共に南Wでの最終追い切り。

サトノラディウスは、最終追い切り南W66.9-12.7馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体23番時計の好タイムを記録。1週前には6Fから追い切りされて終い12.8を馬なりで記録するなど最後までしっかりとした良い動き。前走弥生賞では6着と敗れはしたが、馬場も悪かったし参考外。新馬戦で距離は違うが東京コースを勝利、2走前には2400mで勝利しているしこの舞台も好相性と考えて良さそう。気配も良いし要警戒で。

ランフォザローゼスは、最終追い切り南W終い13.1馬なり。馬なりでの追い切り、上がり中心ではあったが、1週前は終い12.5、最終は終い13.1と2週続けて良い動きを披露。前走京成杯では2着と善戦。今回久々のレースにはなるが本数もしっかりと乗り込まれて好気配。血統的にもこの東京2400mの舞台は合いそう。こちらも有力の一頭で。

上記の理由により本命は、ランフォザローゼスで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2青葉賞・予想

ランフォザローゼス
ピースワンパラディー
アドマイヤスコール
サトノラディウス
セントウル
ウーリリ
リオンリオン
トーセンカンビーナ

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

平場レース好調教馬

《東京開催レース好調教馬》

【東京5R】

注◎ゴールデンゾーン(南W)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

ゴールデンゾーンは、1週前追い切り南W65.7-12.8一杯。一杯での追い切りで南W5F全体6番時計の好タイムを記録。勝ち切れないが能力は上位。ここで決めなければダート路線へという情報もあり。ここでなんとかしたいところ。

チャーチスクエア(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【東京7R】

レーヌジャルダン(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【東京12R】

注◎エングローサー(栗CW)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

エングローサーは、1週前追い切り栗CW5F全体6番時計を記録。最終追い切りも6Fから追い切りされて好タイムを記録。今回2か月半ぶりのレースにはなるが、しっかりと追い切りされて気配良好。力は上位、末脚勝負なら。好仕上がりで要警戒。

《新潟開催レース好調教馬》

【新潟5R】

アドマイヤコメット(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【新潟7R】

注☆人気ブログランキングへ→1(南W)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.5》

人気ブログランキング→1は、1週前追い切り南W67.0-12.2馬なり。馬なりでの追い切り、外を周回して終い12.2と抜群の動きを披露。今回11か月ぶりと長期の休み明けにはなるが動きは休養明けより良い感じ。牝馬同士のここなら面白い、警戒しておきたい。

【新潟12R】

ディライトプロミス(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》