最終追い切り

G2フローラS2019☆1週前&最終追い切り!注目は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、2着までにオークスの優先出走権が与えられる、
G2フローラSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2フローラS・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

4/10 南W 67.0-12.9 馬なり
4/17 南W(84.8)68.5-13.2 馬なり

最終追い切り南W(84.8)68.5-13.2馬なり。6Fから馬なりで最後までしっかりとした良い動きを見せた。1週前にも南Wで素晴らしい動きを見せていたし気配良好。初勝利まで4戦かかったが、東京2000mでは何度も好走していて条件は良し。追い切りの動きを見ても力をつけているのは間違いなし。要警戒で。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

4/11 南W 67.7-12.7 強目
4/17 南W   -12.3 馬なり

最終追い切り南W終い12.3馬なり。上がり中心ではあったが、南W終い12.3と抜群の動きを見せた。東京2000mでは(1.2.1.0)と好相性。前走フラワーCでは展開が向かない中でも4着と善戦。今回は走り慣れた東京コースで一変に要注意。

パッシングスルー

【評価:〈4.0〉】

4/10 南W 67.4-12.6 馬なり
4/17 南W   -12.7 馬なり

最終追い切り南W終い12.7馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.7と良い伸び。1週前にも南Wで好タイムを記録していて気配良好。東京で新馬戦を勝利、前走きさらぎ賞では4着と敗れはしたが、新馬戦で勝利した相手は重賞勝ちを後に重賞を勝利しているし素質はよいものがあり。距離は未知だが怖い存在で。

ウィクトーリア

【評価:〈3.5〉】

4/11 南W   -12.8 馬なり
4/17 南W   -12.8 馬なり

最終追い切り南W終い12.8馬なり。上がり中心ではあったが、外を周回して良い伸びを披露。前走500万レースで3か月ぶりで見事勝利。この時勝利した相手は後のレースで好走しているだけにこの馬の実力は良いものありと考えて良さそう。東京コースも問題なさそう、ここは警戒しておきたいところ。

フォークテイル

【評価:〈3.5〉】

4/10 南W 67.6-13.4 馬なり
4/17 南W 67.4-12.5 強目

最終追い切り南W67.4-12.5強目。強目での追い切りで良い動きを見せた。1週前の南Wでも馬なりで好タイムを記録、今回も少し間隔は空いたが、前走も3か月ぶりで2着と好走しているしそこまで気にする必要もなさそう。1Fの距離延長に対応できれば。

ローズテソーロ

【評価:〈3.5〉】

4/11 南W 67.3-12.8 馬なり
4/17 南W 67.5-12.4 強目

最終追い切り南W67.5-12.4強目。強目での追い切り、外を周回して最後まで良い動き。1週前には馬なりで終い12.8を記録。中山では14着、5着と結果を残せていないが、未勝利戦では東京で勝利しているし、この舞台替わりは魅力。動きも良いし、注意しておきたい。

エアジーン

【評価:〈3.0〉】

4/11 南W 68.6-13.2 馬なり
4/18 南W   -13.3 馬なり

最終追い切り南W終い13.3馬なり。馬なりでの追い切り、特別目立った動きではないが、中3週ならこれくらいで問題なし。ここまで3戦2勝。勝利しているのはいずれも中山コース、東京コースでどこまでやれるか。注意はしておきたいところ。

フェアリーポルカ

【評価:〈3.0〉】

4/10 栗CW(86.4)69.8-12.3 馬なり
4/17 栗CW(85.9)69.2-12.0 強目

最終追い切り栗CW(85.9)69.2-12.0強目。6Fから強目での追い切り、中3週でのレースで負荷はかけられていないが、動きは上々。2戦目の若駒Sでヴェロックスの3着と好走。左回りが未知ではあるが、これが良い方向にでれば面白くなりそう。

ジョディー

【評価:〈3.0〉】

4/11 南P 66.5-12.1 馬なり
4/17 南P 68.7-11.8 馬なり

最終追い切り南P68.7-11.8馬なり。馬なりでの追い切り、中4週でそこまで負荷は必要ないかもしれないが、そこまで強調できるほどではなかった印象。東京マイルでは2勝するなど適正を見せているだけにこの2000mの距離でどこまで対応できるか。注意は必要だが。