重賞予想

G1大阪杯2019☆予想!阪神&中山平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG1大阪杯&阪神&中山平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G1大阪杯2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 今回は、17年からG1へと昇格した、 G1大阪杯の1週前&最終追い切り情報...

上記の記事で本命候補になったのは、
・ステルヴィオ
・エポカドーロ
上記の2頭。

ステルヴィオは南W、エポカドーロは栗CWでの最終追い切り。

ステルヴィオは、最終追い切り南W終い12.3馬なり。上がり中心の追い切り、馬なりで終い12.3と抜群の動きを披露。年明け初戦の中山記念では3着だったが、上がり最速を記録。この時の馬体重は2走前よりもプラス12キロ。今回1週前追い切りでは南W5F全体1番時計を記録、最終追い切りの動きも良かったし状態はかなり良し。一度叩かれての上積みも感じさせる抜群の動き。今回要注意の存在で。

エポカドーロは、最終追い切り栗CW栗CW(83.0)66.6-11.2一杯。6Fから一杯での追い切りで終い11.2と抜群の動きを披露。1週前追い切りでは栗CW5F全体20番時計を外を周回して記録するなど今回動きはかなり良い感じ。前走中山記念では5着だったが、元々叩き良化型のタイプ。今回の追い切りの動きを見てもわかるように久々を一度使われて動きもかなり良くなっている。通用する力は十分、この動きなら要警戒で。

上記の理由により本命は、エポカドーロで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1大阪杯・予想

エポカドーロ
ブラストワンピース
ダンビュライト
ステルヴィオ
エアウィンザー
アルアイン
キセキ
ペルシアンナイト
ワグネリアン

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

平場レース好調教馬

《阪神開催レース好調教馬》

【阪神10R】

タガノグルナ(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【阪神12R】

注☆人気ブログランキングへ→1(栗坂)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.5》

人気ブログランキング→1は、最終追い切り栗坂51.2-12.6馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体13番時計の好タイムを記録。1週前には栗CW5F全体6番時計でしっかりと負荷をかけられていて好気配。今回5か月半ぶりと久々にはなるが、この動きならいきなり警戒しておきたい。

《中山開催レース好調教馬》

【中山6R】

ジャスパージャック(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【中山9R】

ナムラマル(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【中山10R】

ラインカリーナ(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【中山11R】

ライトオンキュー(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【中山12R】

アルアーキャロル(南W)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

アルアーキャロルは、最終追い切り南W66.6-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体23番時計、終いは12.2と抜群の動き。久々でもいきなり。

ウサギノダンス(美坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》