調教重賞危険馬

重賞調教危険馬(仮)!part109

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

いつもツイッターでいいねやリツイートをしてくださる皆様、
またいつも参考にしてお読み頂いている皆様ありがとうございます!

調教で見抜く【重賞調教危険馬】ですが、
記念すべき100回目を迎えました!これもみなさまのおかげです!これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ルール

【ルール】
①基本的に人気馬(予想・前日オッズ5番人気以内・もしくは当日5番人気以内)から選択。
②その馬が人気よりも着順が下なら〇(成功)、着順が人気と同じ・もしくは下なら×(失敗)とします。
③ただしその馬が4番人気以下なら複勝圏内(3着以内)に入らなかったら○(成功)とします。

ex.1番人気3着→〇、2番人気2着→×、5番人気4着→〇

※上位人気から選びたいと思っていますが、前日しか買えない方の為にも、基本的に予想オッズもしくは前日オッズから選びたいと思っていますので、当日のオッズ次第では6番人気以下の人気薄になってしまう可能性もありますのでご了承ください。

【重賞調教危険馬】

【G3ダービー卿CT】

ギベオン →○4番人気5着

3/21 栗CW(85.1)69.1-12.8 馬なり
3/27 栗芝 65.5-12.6 馬なり

最終追い切り栗芝65.5-12.6馬なり。馬なりでの追い切り、今回中2週で負荷はそこまで必要ないかもしれないが、少し軽すぎる印象あり。前走金鯱賞では差をつけられての6着。前走の追い切り内容はかなり良かったし、一度叩かれて注意はしておきたいが、ハンデの斤量57.5キロは厳しいところ。

【G1大阪杯】

ワグネリアン →×4番人気3着

3/20 栗芝(78.3)63.1-11.2 強目
3/27 栗坂 54.2-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂54.2-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4を記録。終いの動きは悪くはなかったが、今回6か月半ぶりのレース。1週前の栗芝での追い切りでは時計は好タイムだが、内を周回してのもの。本数は乗られてはいるものの、負荷、動きの面を考えるとまだ少し物足りない印象。阪神は2戦2勝と相性も良いし実績は十分だが、この仕上げでどこまで通用するか。