最終追い切り

G2スプリングS2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、上位3頭に皐月賞への優先出走権が与えられる、
G2スプリングSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2スプリングS・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

2/27 栗坂 50.7-12.2 一杯
3/6  栗坂 51.1-11.7 強目
3/13 栗坂 50.1-12.1 一杯

最終追い切り栗坂50.1-12.1一杯。一杯での追い切りで栗坂全体6番時計の好タイムを記録。1週前には栗坂全体18番時計で終い11.7と破格の時計を記録。これだけしっかり走れるのはかなりの素質を秘めている証拠。1200m、1400mと勝利。前走1600m朝日杯FSでは4着。今回さらに1Fの距離延長と課題は残るもののここで好走できれば今後が非常に楽しみな存在に。要注目で。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

3/6  栗坂 50.8-12.2 馬なり
3/13 栗坂 53.9-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂53.9-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4と良い伸び。1週前には馬なりで栗坂全体7番時計の好タイムを記録。前走朝日杯FSではまだまだ幼さを見せながらも2着と好走。素質の高さを見せてくれた。今回の追い切りもしっかりと動けていて3か月ぶりでも力を出せそうな好仕上がり。1800mの距離も新馬戦で勝利済み。やはり有力の存在で。

ヒシイグアス

【評価:〈4.5〉】

3/7  南W 68.5-12.6 馬なり
3/14 南W   -12.1 馬なり

最終追い切り南W終い12.1馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.1と抜群の伸びを披露。新馬戦で京成杯を勝利したラストドラフト相手にアタマ差の2着と好走。続く未勝利戦では圧勝。3戦目の若竹賞でも勝利。中山コースは2戦2勝と好相性。好位から良い末脚を披露、今回気配もかなり良いだけに面白い一頭で。

シークレットラン

【評価:〈4.0〉】

2/27 南W(82.4)66.2-13.2 強目
3/7  南W 67.8-13.0 一杯
3/13 南W 66.4-13.1 強目

最終追い切り南W66.4-13.1強目。強目での追い切りで南W5F全体16番時計の好タイムを記録。未勝利戦で中山1800mを勝利。続く中山2000mの葉牡丹賞では2か月半ぶりながら見事勝利。新馬以来馬体を増やし続けていて前走はついに500キロまでに。かなりの成長を感じさせるし、今回中8週でもしっかりと負荷をかけて追い切りを行っているだけに警戒しておきたい一頭。

ユニコーンライオン

【評価:〈4.0〉】

3/6  栗坂 53.0-12.4 馬なり
3/13 栗坂 50.8-12.0 一杯

最終追い切り栗坂50.8-12.0一杯。一杯での追い切りで栗坂全体51秒台を切る18番時計の好タイムを記録。新馬戦を勝利後、続くつばき賞では時計を詰めて2着と好走。中山は初めてにはなるが、追い切り通り走れればここでも通用する可能性あり。注意しておきたい一頭。

ディキシーナイト

【評価:〈3.5〉】

3/6  南W 67.2-12.6 馬なり
3/13 南W(81.8)66.7-13.1 馬なり

最終追い切り南W(81.8)66.7-13.1馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで最後までしっかりとした良い動き。1週前には終い12.6と良い伸びも見せていた。前走は1400m戦で勝利、ただ未勝利戦では中山2000mでも勝利しているだけに距離延長は問題なし。中6週でも好仕上がり。侮れない一頭で。

ニシノカツナリ

【評価:〈3.5〉】

3/6  南W   -12.5 一杯
3/13 南W   -12.3 馬なり

最終追い切り南W終い12.3馬なり。上がり中心の追い切りではあったが、大外を周回して終い12.3と破格の伸びを披露。1800mの距離は初めてだが、新馬戦、未勝利戦と続けて上がり最速を記録するなど通用する力は十分にありそう。この動きをされたら当然警戒しておきたくなる一頭。

ロジャーバローズ

【評価:〈3.5〉】

3/6  栗CW(84.1)68.3-11.5 一杯
3/13 栗坂 53.5-12.2 馬なり

最終追い切り栗坂53.5-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.2と良い伸びを披露。3か月ぶりで挑んだ福寿草特別ではプラス16キロで勝利するなど成長を感じさせた1戦だった。中山も2000mも初めてと課題はあるが、素質はかなりものを秘めているだけに警戒しておきたいところ。