最終追い切り

G2金鯱賞2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、大阪杯の前哨戦でもある、
G2金鯱賞の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2金鯱賞・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

2/20 栗坂 51.9-11.9 一杯
2/27 栗坂 51.8-12.1 一杯
3/6  栗坂 51.4-12.3 一杯

最終追い切り栗坂51.4-12.3一杯。一杯での追い切りで水曜の栗坂全体25番時計を記録。2週前には栗坂終い11.9、1週前も栗坂全体51.8と続けて好タイムを記録。ここ最近は勝ち星がないが、重賞ではいつも安定した動き。過去の追い切りを見ても素質はかなり高いものを秘めている。今回得意の距離、追い切りでも3週続けて一杯でしっかりと負荷もかけられているし今回注目しておきたい一頭。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

2/27 栗CW(84.3)68.8-12.1 G前
3/6  栗CW(80.0)64.7-12.1 強目

最終追い切り栗CW(80.0)64.7-12.1強目。6Fから強目での追い切りで水曜の栗CW5F全体11番時計の好タイムを記録。前走中日新聞杯で見事重賞制覇。毎日杯2着、NHKマイルCで2着など実績はかなりのもの。今回前走と同じ中京2000mの同舞台で期待も大きい。間隔は空いたが追い切りもしっかりとこなして良い動きを見せているだけにいきなり警戒しておきたいところ。

リスグラシュー

【評価:〈4.0〉】

2/27 栗坂 51.2-12.7 馬なり
3/6  栗坂 51.5-12.2 馬なり

最終追い切り栗坂51.5-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体51.5と好タイムを記録。1週前追い切りでも栗坂でかなりの動きを披露。今回初のコースで未知な部分はあるが、ここ最近はエリザベス紹鴎杯で勝利、続く香港ヴァーズで2着に入るなど勢いもあり。過去何度も重賞で好走しているし、休み明けの成績も文句なし。やはりここでは注目すべき一頭で。

ムイトオブリガード

【評価:〈4.0〉】

2/27 栗CW(80.7)65.5-12.6 一杯
3/6  栗CW(80.5)64.5-12.2 一杯

最終追い切り栗CW(80.5)64.5-12.2一杯。6Fから一杯での追い切りで水曜の栗CW5F全体9番時計の好タイムを記録。1週前も6Fからしっかりと負荷をかけられて好気配。昨年3連勝して挑んだアルゼンチン共和国杯では見事2着と好走。年明け初戦の日経新春杯では6着と敗れはしたが、馬体も14キロ増えてのレースだった。今回しっかりと追い切りをこなして状態も上がってきていそう。通用する力はあるし決して無視できない。

メートルダール

【評価:〈3.5〉】

2/21 南W 66.2-13.0 G前
2/28 南W 66.1-13.1 強目
3/6  南W(83.8)67.8-13.0 強目

最終追い切り南W(83.8)67.8-13.0強目。6Fから強目での追い切りで最後までしっかりとした良い動き。2週前&1週前も南Wで良い動きを見せているし気配良好。前走アメリカJCCでは3着と善戦。昨年の今レースでは8着と敗れはしたが、当時は久々でのレース。2017年の中日新聞杯で勝利しているしこの舞台も問題なし。注意しておきたい一頭。

ダノンプレミアム

【評価:〈3.5〉】

2/27 栗CW(80.8)64.1-12.0 一杯
3/6  栗CW(86.9)69.4-11.3 強目

最終追い切り栗CW(86.9)69.4-11.3強目。強目での追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが終いは11.3とさすがの脚を披露。ただ1週前は内を周回しての時計、正直まだまだ良化途中といった印象はあり。前走ダービーでは6着と残念な結果には終わったが、距離は問題ないし、今回の終いの動きを見てもかなりの素質馬であるのは間違いなし。絶好調と言えなくても地力はやはり警戒で。

ペルシアンナイト

【評価:〈3.0〉】

2/28 栗CW(82.1)66.6-11.6 一杯
3/6  栗CW(83.4)67.7-11.9 馬なり

最終追い切り栗CW(83.4)67.7-11.9馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.9を記録。動きは決して悪くないが、過去の成績を見ても一度使ってからといったタイプ。マイルの印象が強いが、皐月賞2着、大阪杯2着と2000mでも実績ありで当然警戒はしておきたいが、まだまだ良化の余地あり。この仕上げでどこまでやれるか。

モズカッチャン

【評価:〈3.0〉】

2/27 栗CW(83.7)66.7-11.9 一杯
3/6  栗坂 53.1-12.4 一杯

最終追い切り栗坂53.1-12.4一杯。一杯での追い切りで上々の動き。一昨年のエリザベス女王杯を勝利し、昨年も3着に入るなど力はあり。ただ今回休み明けでのレース、本数は乗り込まれているが、まだ少し動きは重たい印象。一度叩いてからといったところで。

エアウィンザー

【評価:〈3.0〉】

2/27 栗CW 68.5-11.5 馬なり
3/6  栗CW(89.6)72.0-12.0 馬なり

最終追い切り栗CW(89.6)72.0-12.0馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、動きは悪くないが、特別目立った時計ではなし。3連勝で挑んだ前走チャレンジCでも見事重賞勝利と今の勢いは当然怖いが、今回さらに相手強化、この仕上げでどこまでやれるか。ここで好走できれば夢が広がるが。