最終追い切り

G2弥生賞2019☆1週前&最終追い切り!高評価は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、上位3頭に皐月賞への優先出走権が与えられる、
G2弥生賞の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2弥生賞・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

2/21 南W(81.4)65.7-12.8 馬なり
2/27 南P 65.5-12.1 馬なり

最終追い切り南P65.5-12.1馬なり。馬なりでの追い切り、最終追い切りは軽目の内容ではあったが、1週前には南W5F全体9番時計の好タイムを記録。前走重賞の京成杯を勝利、中山2000mで好走できたのは魅力。今回の追い切りを見ても素質はかなりのものを秘めていそう。ここで勝利できれば今後がさらに楽しみに。今回要注意で。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

2/20 南W(82.4)66.6-12.7 一杯
2/27 南W 68.8-12.7 馬なり

最終追い切り南W68.8-12.7馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.7を記録。1週前にしっかりと一杯で追い切りされて状態もかなり上がってきている印象。前走ホープフルSでは直線で包まれて展開が向かなかったが、それでも上がり最速の3着と善戦。小回りの中山コースは相性的に微妙なところはあるが、実績上位。追い切りでの気配も良いしここはやはり有力。

メイショウテンゲン

【評価:〈4.0〉】

2/20 栗CW(81.1)65.0-12.1 一杯
2/27 栗CW(82.0)66.6-12.3 一杯

最終追い切り栗CW(82.0)66.6-12.3一杯。6Fから一杯での追い切りで最後までしっかりとした良い動き。1週前には栗CW5F全体4番時計の好タイムを記録。前走きさらぎ賞では差をつけられての5着。ただ今回間隔を詰めてさらに負荷をかけてきていて気配はかなり良い印象。侮れない一頭で。

サトノラディウス

【評価:〈4.0〉】

2/20 南W 67.8-13.0 馬なり
2/27 南W 69.5-12.5 馬なり

最終追い切り南W69.5-12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と良い伸び。同舞台の葉牡丹賞では3着だったが、上位2頭が強敵ぞろいだった。まだキャリア3戦ながらかなり素質を感じさせる一頭。ここでも警戒しておきたい。

ブレイキングドーン

【評価:〈3.0〉】

2/20 栗CW(83.5)68.8-12.7 一杯
2/27 栗CW(81.0)65.7-12.8 一杯

最終追い切り栗CW(81.0)65.7-12.8一杯。6Fから一杯での追い切り、1週前同様しっかりと負荷をかけられている点は好印象。ただ終いで少し時計を要していた。前走ホープフルSでは5着と惜敗。ただ京都2歳Sで2着と好走するなど通用する力は十分。コース2度目でどこまで前進できるか。

カントル

【評価:〈3.0〉】

2/20 栗CW(85.2)キリ-11.9 馬なり
2/27 栗CW(83.9)68.0-12.1 一杯

最終追い切り栗CW(83.9)68.0-12.1一杯。一杯での追い切り、終いは12.1と良い伸び。ダービー馬ワグネリアンの全弟と素質は期待十分。ただ1週前の動きをも含めてまだまだ良化の余地はありそうで今回のこの仕上げでどこまでやれるか。

シュヴァルツリーゼ

【評価:〈3.0〉】

2/21 南W 68.8-12.8 馬なり
2/27 南W 69.8-13.6 馬なり

最終追い切り南W69.8-13.6馬なり。馬なりでの追い切り、悪い動きではないが、今回間隔が空いているだけにもう一本負荷のかかった追い切りが見たかったところ。条件的に厳しいものはあるが、新馬戦の内容が良かっただけに無視はできない。