最終追い切り

G1フェブラリーS2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、ダートの頂上決戦、
G1フェブラリーSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G1フェブラリーS・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

1/31 栗CW(94.7-79.2)66.0-13.2 一杯
2/7  栗坂 50.7-12.4 強目
2/13 栗坂 55.9-12.1 強目

最終追い切り栗坂55.9-12.1強目。強目での追い切りで終い12.1と素晴らしい伸び。今週は速い時計は出してこなかったが、1週前に栗坂全体4番時計の好タイムを記録。2週前には栗CWで7Fからとしっかりと負荷をかけられていて好気配。前走チャンピオンズCで3着と好走、東京ダート1600mの実績もあり。ここ3戦は馬体も増え成長も感じさせるし、今回要警戒で。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

2/6  栗坂 57.8-13.3 馬なり
2/13 栗坂 50.2-11.9 一杯

最終追い切り栗坂50.2-11.9一杯。一杯での追い切りで水曜の栗坂全体2番時計の好タイムを記録。2016年に今レースを制してからなかなか結果を残せなかったが、昨年のコリアスプリントで見事勝利。前走根岸Sでも3か月ぶりで4着と善戦。今回一度使われて状態もかなり上がってきている印象。この追い切り通りの動きなら。復活に期待で。

ゴールドドリーム

【評価:〈4.0〉】

2/6  栗CW(82.2)65.5-12.4 一杯
2/13 栗坂 52.1-12.0 馬なり

最終追い切り栗坂52.1-12.0馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.0と抜群の伸び。1週前にしっかりと負荷をかけられて状態も上がってきている印象。フェブラリーSは一昨年に勝利、昨年は2着と好相性のレース。今年も気配良好、当然上位争いで。

レッツゴードンキ

【評価:〈4.0〉】

2/7  栗坂 51.2-12.5 一杯
2/13 栗坂 50.1-12.2 一杯

最終追い切り栗坂50.1-12.2一杯。一杯での追い切りで水曜の栗坂全体1番時計の破格の時計を記録。1週前も栗坂全体51.2と素晴らしい動き。今回間隔は空いたがしっかりと負荷もかけられて良い状態で出走できそう。昨年のフェブラリーSでは10番人気5着と善戦。通用する力は十分、今年も警戒しておきたいところ。

ユラノト

【評価:〈4.0〉】

2/6  栗坂 51.8-12.4 強目
2/13 栗坂 51.4-12.1 一杯

最終追い切り栗坂51.4-12.1一杯。一杯での追い切りで栗坂全体51.4と好タイムを記録。1週前もしっかりと動けていたし、間隔を詰めて使う今回も引き続き好調維持。前走根岸Sで2着と好走。安定した先行脚質は魅力。東京との相性も良いし、注意しておきたい。

オメガパフューム

【評価:〈3.5〉】

2/6  栗坂 54.5-12.9 馬なり
2/13 栗坂 52.4-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂52.4-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4と良い伸び。前走東京大賞典でG1勝利。距離的にマイルは少し短い印象もあるが、青竜Sで3着の経験もあり。力をつけてきている今回この距離でも警戒が必要で。

サンライズノヴァ

【評価:〈3.5〉】

2/7  栗坂 55.3-13.1 強目
2/13 栗坂 50.8-12.6 一杯

最終追い切り栗坂50.8-12.6一杯。一杯での追い切り、終いは少し時計を要したが、栗坂全体8番時計と好タイムを記録。前走根岸Sで1番人気8着と人気を裏切る結果となったが、東京1600mでは過去4勝するなど舞台は文句なし。昨年の今レースでも4着と好走しているし今年も注意で。

インティ

【評価:〈3.5〉】

2/6  栗坂 53.6-12.4 馬なり
2/13 栗坂 53.0-12.1 馬なり

最終追い切り栗坂53.0-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.1を記録。1週前の動きも良かったし、疲れも感じさせず良い状態と考えて良さそう。前走東海Sでは圧倒的なスピードで見事勝利。現在6連勝中、マイルは初めてで不安要素もあるが今の勢いは怖いし気配も良し。当然注意が必要で。

クインズサターン

【評価:〈3.5〉】

2/10 栗坂 56.1-12.2 一杯
2/13 栗坂 52.9-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂52.9-12.4馬なり。馬なりでの追い切りでしっかりとした良い動き。武蔵野Sで2着、根岸Sで3着と東京1600mで好走実績もあり。オープンでの勝利経験はないが、重賞では何度も上位争いをしているし決して無視できない存在。

コパノキッキング

【評価:〈3.0〉】

2/6  栗CW 71.9-13.0 馬なり
2/13 栗CW(83.8)65.9-12.7 馬なり

最終追い切り栗CW(83.8)65.9-12.7馬なり。馬なりでの追い切り、特別速い時計は出してこなかったが、動きは良かったし気配は良さそう。距離も心配された前走根岸Sでは上がり最速を記録して見事勝利。今回さらに1Fの距離延長で簡単にはいかなさそうだが、今の勢いは怖いし、今回藤田騎手が騎乗と注目度は高い。侮れない一頭で。

ノンコノユメ

【評価:〈3.0〉】

2/6  美北C(94.1-79.0)64.0-12.1 一杯
2/13 南W 69.2-13.7 馬なり

最終追い切り南W69.2-13.7馬なり。馬なりでの追い切り、1週前にしっかりと負荷もかけられたし、悪い動きではないが、前走チャンピオンズCでは大差をつけられての7着。ここからの上昇味はそこまでといった印象。昨年の今レースの勝ち馬で当然警戒が必要だが、気配的にも昨年の方が良かったし今年はどこまでやれるか。