重賞予想

G3きさらぎ賞2019☆予想!京都&中京平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG3きさらぎ賞&京都&中京平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G3きさらぎ賞2019☆1週前&最終追い切り!高評価は?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 今回は、春のクラシックへと名乗りをあげる馬も多く輩出している、 G3きさら...
あわせて読みたい
G3東京新聞杯2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 今回は、春のG1に向けて賞金の加算も目指す古馬のレース、 G3東京新聞杯の...

上記の記事で本命候補になったのは、
・ヴァンドギャルド
・ダノンチェイサー
上記の2頭。

ヴァンドギャルドは栗坂、ダノンチェイサーは栗CWでの最終追い切り。

ダノンチェイサーは、最終追い切り栗CW栗CW(84.5)68.3-11.8強目。6Fから強目での追い切りで終い11.8を記録。今回2か月ぶりと間隔は空いたが、2週前には7Fの長目から、1週前は6Fから一杯としっかりと負荷をかけられていて気配良好。新馬戦こそ4着と敗れはしたが、続く未勝利戦で勝利、昇級戦の500万クラスは2着だったが、レコード勝利での僅差の2着。通用する力は十分にあり。1800mは走り慣れた距離。初の京都コースにはなるが要警戒で。

ヴァンドギャルドは、最終追い切り栗坂53.9-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4と良い伸びを披露。最終では速い全体時計は出してこなかったが、1週前に栗CW5F全体9番時計の好タイムを記録。気配は文句なし。ホープフルSでは6着と敗れはしたが、不利もあったし参考外。輸送距離の短い京都で再度要注目。

上記の理由により本命は、ヴァンドギャルドで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3きさらぎ賞・予想

ヴァンドギャルド
ダノンチェイサー
アガラス
エングレーバー
メイショウテンゲン

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

平場レース好調教馬

《京都開催レース好調教馬》

【京都12R】

アグネスエーデル(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

エネルムサシ(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

《中京開催レース好調教馬》

【中京11R】

注◎人気ブログランキングへ→1(栗坂)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り栗坂51.8-12.1一杯。一杯での追い切りで抜群の動きを披露。1戦ごとに馬体も増えて成長を感じさせる好気配。ここでも楽しみな存在で。

注☆キーグラウンド(栗CW)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.5》

キーグラウンドは、最終追い切り栗CW(78.2)63.6-12.9馬なり。馬なりで栗CW5F全体3番時計の破格の時計を記録。3か月ぶりの前走は7着だったが久しぶりながら上々のレース内容。今回の追い切りの動きを見ても一度使われて状態が上がっているのは間違いなし。人気薄でも警戒したい。