最終追い切り

G3きさらぎ賞2019☆1週前&最終追い切り!高評価は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、春のクラシックへと名乗りをあげる馬も多く輩出している、
G3きさらぎ賞の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G3きさらぎ賞・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

1/23 栗CW(80.6)65.1-12.2 馬なり
1/30 栗坂 53.9-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂53.9-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4と良い伸びを披露。最終では速い全体時計は出してこなかったが、1週前に栗CW5F全体9番時計の好タイムを記録。気配は文句なし。ホープフルSでは6着と敗れはしたが、不利もあったし参考外。輸送距離の短い京都で再度要注目。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

1/17 栗CW(99.0-82.3)66.5-11.7 一杯
1/24 栗CW(81.9)66.4-12.1 一杯
1/30 栗CW(84.5)68.3-11.8 強目

最終追い切り栗CW栗CW(84.5)68.3-11.8強目。6Fから強目での追い切りで終い11.8を記録。今回2か月ぶりと間隔は空いたが、2週前には7Fの長目から、1週前は6Fから一杯としっかりと負荷をかけられていて気配良好。新馬戦こそ4着と敗れはしたが、続く未勝利戦で勝利、昇級戦の500万クラスは2着だったが、レコード勝利での僅差の2着。通用する力は十分にあり。1800mは走り慣れた距離。初の京都コースにはなるが要警戒で。

アガラス

【評価:〈3.5〉】

1/23 南W 68.9-13.2 G前
1/30 南W 68.8-12.6 馬なり

最終追い切り南W68.8-12.6馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.6と良い伸び。中10週と間隔は空いたが動きは良いし状態は上々。東スポ2歳Sでは出遅れ後方からでも上がり最速の脚を披露し2着と激走。力の高さを見せてくれた。やはりここでも注目の存在で。

エングレーバー

【評価:〈3.0〉】

1/24 栗坂 54.6-12.5 馬なり
1/30 栗P(87.7)70.8-11.5 強目

最終追い切り栗P(87.7)70.8-11.5強目。6Fから強目での追い切り、特別速い時計ではないが、中3週でも動きは良かった印象。前走500万クラスでは休み明けでしっかりと折り合いもついて勝利。今回一度使われての上積みも十分。相手は強いが注意はしておきたいところ。

メイショウテンゲン

【評価:〈3.0〉】

1/24 栗CW(82.4)66.6-12.2 強目
1/30 栗CW(83.9)68.4-12.6 馬なり

最終追い切り栗CW(83.9)68.4-12.6馬なり。特別目立つ動きではないが、中4週でそこまで負荷をかける必要はないか。過去のレースでは幼さを見せている面はあるが通用する素質はあり。相手強化でここはどうかではあるが注意はしておきたい。