最終追い切り

G2日経新春杯2019☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、中長距離で活躍する馬も多く出走してくる、
G2日経新春杯の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2日経新春杯・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

1/3 栗CW(80.8)64.8-12.0 一杯
1/9 栗CW(81.1)65.7-12.3 一杯

最終追い切り栗CW(81.1)65.7-12.3一杯。6Fから一杯での追い切りで水曜の栗CW5F全体10番時計の好タイムを記録。1週前にも栗CW5F全体8番時計を記録していて2週続けて抜群の動きを披露。前走アルゼンチン共和国杯では上がり最速で勝利するなど力をつけてきた。2400mは3戦3勝している得意の距離。今回久々のレースにはなるがしっかりと負荷もかけて追い切りされていて気配良好。当然有力の存在で。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

1/3 南W(83.2)67.7-13.0 一杯
1/9 南W   -12.8 強目

最終追い切り南W終い12.8強目。強目での追い切りで、外目を周回して終い12.8と抜群の伸び。1週前もしっかりと負荷をかけて追い切りされて好タイムを記録。前走菊花賞では休み明け、大外と条件は厳しかった。それでも5着と好走。この時の4着馬は有馬記念を制したブラストワンピース。古馬相手にはなるが、斤量は55キロで出走可能。久々でも状態も良し。距離短縮も歓迎、警戒が必要で。

エーティーサンダー

【評価:〈4.5〉】

1/3 栗CW(79.6)63.7-12.6 一杯
1/9 栗坂 52.4-12.1 馬なり

最終追い切り栗坂52.4-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.1と抜群の伸び。1週前には栗CW5F全体1番時計を記録しているし気配は文句なし。G2で相手は揃うが今回ハンデ戦で斤量51キロで出走できるのはかなり魅力。今回長期休み明けにはなるが、これだけ動けるのは調子が良い証拠。人気薄でも警戒しておきたいところ。

ウインテンダネス

【評価:〈4.0〉】

1/3 栗CW(79.5)64.6-12.1 一杯
1/9 栗CW(85.6)69.2-12.1 一杯

最終追い切り栗CW(85.6)69.2-12.1一杯。6Fから一杯での追い切り、今週は1週前に目一杯で追い切りをこなしているため時計は出してこなかったが、大外を周回して良い動きを見せていた。前走ジャパンカップでは8着だったが相手は強かったし持ち時計も優秀。瞬発力勝負となれば分は悪そうではあるが、展開次第では十分にチャンスあり。1週前にしっかりと負荷もかけられて好タイムを記録、気配良好でいきなり要注意で。

シュペルミエール

【評価:〈3.5〉】

1/2 栗坂 54.2-12.7 強目
1/9 栗坂 52.9-12.1 強目

最終追い切り栗坂52.9-12.1強目。強目での追い切りで終い12.1と良い伸び。1年8か月ぶりと長期休み明けだった古都Sで2着と好走。一度叩かれて挑んだオリオンSでは見事勝利するなど力の高さを見せた。今回の追い切りでもしっかりと動けているし引き続き好調維持。重賞のここでも警戒しておきたい。

ルックトゥワイス

【評価:〈3.0〉】

1/4 栗P   -11.6 馬なり
1/9 栗坂 55.4-12.8 馬なり

最終追い切り栗坂55.4-12.8馬なり。馬なりでの追い切りで上々の動き。今回昇級戦で相手は強くなるが、前走はアルゼンチン共和国杯では勝ち馬と0.5秒差と僅差。素質は十分。使われている強みもあるし侮れない一頭で。

アフリカンゴールド

【評価:〈3.0〉】

1/3 栗CW(83.6)67.0-12.2 一杯
1/9 栗CW(83.0)67.0-12.8 一杯

最終追い切り栗CW(83.0)67.0-12.8一杯。6Fから一杯での追い切り、2週続けて一杯と負荷はかけられているがまだ少し動きが重たい印象。前々走で上がり2Fでかなりのラップを見せているし素質はかなりのものを秘めているのは間違いないし、ハンデも52キロ魅力的で当然無視はできないが。

ガンコ

【評価:〈3.0〉】

12/26 栗坂 54.2-12.6 馬なり
1/4  栗坂 53.0-12.2 一杯

最終追い切り栗坂53.0-12.2一杯。一杯での追い切り、終いは12.2と良い時計。ただ今レースで昨年3着と好走した時は最終追い切り栗坂51.2-12.7強目とかなりの好タイムを記録していた。前走ジャパンカップで12着と惨敗、今回久々の1戦でもう一本負荷のかかった追い切りが見たかったところ。実績はあるし注意はしておきたいが。