最終追い切り

G1マイルCS2018☆1週前&最終追い切り!実績馬の気配は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は、秋のマイル王決定戦、
G1マイルCSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G1マイルCS・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

11/7  南W(84.3)69.5-12.9 G前
11/14 南W 69.4-11.9 一杯

最終追い切り南W69.4-11.9一杯。一杯での追い切りで南W終い11.9と破格の時計を記録。前走毎日王冠では2着に敗れはしたが、前有利の展開のなか上がり最速の末脚を見せての好内容。今回先行馬も多く、また過去差し・追い込み馬も有利な今レース。今回の追い切りを見ても一度使われて状態を上げているのは間違いなし。要注意の存在で。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

11/9  栗坂 51.1-12.2 一杯
11/14 栗坂 51.5-12.0 馬なり

最終追い切り栗坂51.5-12.0馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体7番時計、終いも12.0と抜群の動き。前走スワンSでは斤量58キロを背負って勝ち馬と僅差の2着と好走。今年の安田記念でG1馬の仲間入り。京都のマイルでも実績あり。休み明けを使われて状態も明らかに上向き。今回もルメール騎手が騎乗予定。人気はするだろうが、気配も文句なしでやはり有力の存在。

ロジクライ

【評価:〈4.5〉】

11/8  栗坂 51.4-12.2 一杯
11/14 栗坂 53.9-12.0 馬なり

最終追い切り栗坂53.9-12.0馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが終いは12.0と抜群の伸び。1週前には栗坂全体11番時計、一杯でしっかりと負荷もかけられた。前走富士Sで重賞2勝目。使われてはいるものの追い切りの動きを見る限り疲れの心配もなさそう。ここ最近は重賞でも好走続き、G1で相手は強いが通用する力は十分。先行でうまくレースがハマれば。

カツジ

【評価:〈4.0〉】

11/8  栗CW(80.6)64.8-11.8 一杯
11/14 栗CW(81.8)64.9-11.3 強目

最終追い切り栗CW(81.8)64.9-11.3強目。6Fから強目での追い切りで栗CW5F全体10番時計、終いも11.3と素晴らしい伸び。1週前の動きも良かったし気配は文句なし。前走毎日王冠では12着と大敗。ただ久々を使われて追い切りの動きは一変。3走前にはNZTで重賞初勝利。相手は強敵で当然簡単には行かないが、この気配なら無視はできない。

アエロリット

【評価:〈4.0〉】

11/7  南W   -12.6 馬なり
11/14 美坂 50.9-12.8 馬なり

最終追い切り美坂50.9-12.8馬なり。馬なりでの追い切りで美坂全体3番時計の好タイムを記録。久々の前走毎日王冠で見事な勝利。逃げての上がり33.8は驚異の展開。安田記念でも2着と好走しここでも実績は上位。今回ムーア騎手が騎乗するのも不気味。牡馬相手でも当然警戒が必要で。

ケイアイノーテック

【評価:〈3.5〉】

11/7  栗坂 51.7-12.4 一杯
11/14 栗坂 53.6-12.8 馬なり

最終追い切り栗坂53.6-12.8馬なり。馬なりでの追い切り、今週は軽目の内容だったが1週前にしっかりと負荷をかけて追い切りされて栗坂全体51.7と好タイムを記録。気配は良好。前走毎日王冠は5着だったが勝ち馬とは0.4秒差と僅差。評価を落とす必要はなし。京都外回り、またマイルの舞台はベストの条件。当然注意はしておきたい。

ペルシアンナイト

【評価:〈3.0〉】

11/8  栗CW(84.4)67.7-12.3 馬なり
11/14 栗CW   -11.7 G前

最終追い切り栗CW終い11.7G前。上がり中心での追い切りではあったが終い11.7と良い伸び。ここ最近は勝利なしと成績的には物足りないが、不利もあったし特に気にする必要はなし。昨年の今レースの覇者で舞台適性は文句なし。得意条件で見直す必要はあり。注意はしておきたい。

エアスピネル

【評価:〈3.0〉】

11/11 栗CW(83.2)67.9-12.6 馬なり
11/14 栗坂 51.2-12.5 一杯

最終追い切り栗坂51.2-12.5一杯。一杯での追い切りで栗坂全体51.2の好タイムを記録。今週の動きは良かったが、1週前の追い切りでは併せ馬に遅れをとったし、まだ本調子とはいっていない印象。昨年の今レースで2着と好走しているし注意はしておきたいが、昨年は前哨戦の富士Sを勝利してと臨戦態勢は違うだけに今年はどこまでやれるか。

アルアイン

【評価:〈3.0〉】

11/11 栗坂 54.2-12.4 馬なり
11/14 栗坂 52.5-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂52.5-12.4馬なり。馬なりでの追い切り、他の馬と比べると数字的には物足りないかもしれないが、秋3戦目でそこまで負荷は必要ないか。天皇賞秋から2Fの距離短縮にはなるが、新馬戦で京都のマイルで勝利経験もあり。通用する力はあるし、反動さえなければ好勝負は可能。