最終追い切り

G2アルゼンチン共和国杯2018☆1週前&最終追い切り!注目は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回はジャパンカップや有馬記念を目指す馬も参戦する、
G2アルゼンチン共和国杯の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

G2アルゼンチン共和国杯・1週前&最終追い切り情報

人気ブログランキングへ→1

【評価:〈4.5〉】

10/25 栗CW(81.5)65.1-12.2 一杯
10/31 栗CW(81.2)65.2-11.9 馬なり

最終追い切り栗CW(81.2)65.2-11.9馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで栗CW5F全体14番時計の好タイムを記録。1週前には栗CW5F全体9番時計と続けてかなりの好タイムを記録。中3週でのレース、一度使われて状態もかなり上がっている印象。東京芝は3戦3勝。気配良好、当然今回も有力の存在で。

人気ブログランキングへ→2

【評価:〈4.5〉】

10/24 美坂 51.4-13.3 馬なり
10/31 南W(79.3)65.3-12.7 強目

最終追い切り南W(79.3)65.3-12.7強目。6Fから強目での追い切りで南W5F全体5番時計と破格の好タイムを記録。1週前の美坂でも全体3番時計を記録2ヶ月ぶりと間隔は少し空いたものの、文句なしの抜群の動き。相手は強化されるがこの動きなら警戒しておきたい。2500mの距離がどう出るか注目。

パフォーマプロミス

【評価:〈4.5〉】

10/25 栗CW(87.3)70.0-11.8 馬なり
10/31 栗CW(78.9)63.9-11.8 馬なり

最終追い切り栗CW(78.9)63.9-11.8馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで栗CW5F全体3番時計の好タイムを記録。感冒のため前走京都大賞典は出走取消となったものの、最終追い切りの動きを見る限り心配する必要はなさそう。走り慣れている東京コース、斤量も56キロなら。久々でも怖い存在。

アルバート

【評価:〈3.5〉】

10/25 南W 69.6-13.5 馬なり
11/1  南W   -12.3 一杯

最終追い切り南W終い12.3一杯。一杯での追い切り、上がり中心ではあったが終い12.3と良い伸び。ただハンデは依然厳しい58.5キロ。昨年4着、一昨年は2着と実績はあるし今年も注意はしておきたいが。

ウインテンダネス

【評価:〈3.5〉】

10/24 栗CW(86.4)70.0-11.8 一杯
10/31 栗CW(81.7)66.6-12.0 馬なり

最終追い切り栗CW(81.7)66.6-12.0馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで最後までしっかりとした良い動き。叩き2戦目で気配良好。勝利した目黒記念から斤量は2キロ増えるが、コース実績もありで警戒しておきたいところ。

ルックトゥワイス

【評価:〈3.0〉】

10/24 栗坂 57.2-12.9 馬なり
10/31 栗坂 55.9-12.9 強目

最終追い切り栗坂55.9-12.9強目。強目での追い切り、負荷の面では軽目だが中3週ならこれくらいで十分か。重賞で相手は強くなるが斤量54キロで出走可能。安定して走れる点も魅力、注意はしておきたいところ。

ノーブルマーズ

【評価:〈3.0〉】

10/24 栗CW    -12.3 一杯
10/31 栗坂 55.4-13.6 一杯

最終追い切り栗坂55.4-13.6一杯。一杯での追い切り、負荷はかけられたが平凡な時計。今回4ヶ月半ぶりのレース、まだまだ動きは重たい印象。宝塚記念で3着と好走、実績もあるし無視はできないが、叩き良化型のタイプだし今回は一度様子見と言ったところか。