重賞予想

Jpn1JBCレディスクラシック☆予想!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はJpn1JBCレディスクラシックの好調教馬・予想を公開していきます。

あわせて読みたい
G2アルゼンチン共和国杯2018☆1週前&最終追い切り!注目は?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 今回はジャパンカップや有馬記念を目指す馬も参戦する、 G2アルゼンチン共和...
あわせて読みたい
Jpn1JBCスプリント☆1週前&最終追い切り!注目は?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 今回は初のJRA開催となるダート短距離レース、 Jpn1JBCスプリントの...
あわせて読みたい
Jpn1JBCクラシック☆1週前&最終追い切り!好調教は?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 今回はダート中距離レース、 Jpn1JBCクラシックの1週前&最終追い切り...
あわせて読みたい
Jpn1JBCレディスクラシック☆1週前&最終追い切り!高評価は?みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。 今回はダート1800mの最強牝馬を決める、 Jpn1JBCレディスクラシッ...

上記の記事で本命候補になったのは、
・プリンシアコメータ
・アンジュデジール
上記の2頭。

プリンシアコメータは南W、アンジュデジールは栗坂での最終追い切り。

アンジュデジールは、最終追い切り栗坂54.0-13.0一杯。一杯での追い切り、今週は速い時計ではないが、1週前に長目を追い切りされて好タイムを記録。28日には栗CWで終い11.0を馬なりで記録、なかなか見ることでのできない破格の数字を記録。大外枠にはなってしまったが、この動きなら警戒が必要で。

プリンシアコメータは、最終追い切り南W終い12.9馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.9と良い伸び。1週前も南W終い12.7を馬なりで記録していて状態の良さが伺える動き。昨年の今レース2着馬。実績もあるし気配も良し。当然有力で。

上記の理由により本命は、プリンシアコメータで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

Jpn1JBCレディスクラシック・予想

プリンシアコメータ
ラビットラン
クイーンマンボ
アンジュデジール
サルサディオーネ
フォンタナリーリ

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!