最終追い切り

G3レパードS2018☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は3歳ダート戦の重要なレース、
G3レパードSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G3レパードS・1週前&最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

7/25 栗CW(81.0)64.8-12.0 馬なり
8/1  栗坂 56.6-13.2 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗坂56.6-13.2馬なり。馬なりでの追い切り、最終追い切りは軽めの内容ではあったが、1週前追い切りでは栗CW5F全体12番時計終いも12.0と抜群の動きを見せていたし今週はこれくらいで十分。前走ユニコーンSでは3着だったが上がり最速を記録していたし、2着のグレートタイムとも僅差でのレース。今回距離延長にはなるが、しっかりと追い切りもこなし気配良好。警戒しておきたい一頭。

7/26 南W 64.7-13.1 馬なり
8/1  南W 66.9-12.8 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W66.9-12.8馬なり。馬なりで外を周回して南W5F全体19番時計の好タイムを記録。併せ馬を大きく追走して先着するなど抜群の動きを見せた。オープンでの昇竜Sでは勝ち馬に離されての4着と実力差を見せつけられたが、追い切りの動きを見る限りここのクラスでも通用する力は十分にあり。中4週でのこの動き、状態はかなり良いし要注意の存在で。
バクハツ

7/26 栗CW(84.3)67.6-11.7 馬なり
8/1  栗CW(84.8)67.2-11.3 G前

評価:★4.0最終追い切り栗CW(84.8)67.2-11.3G前。ゴール前で強く追い切りされて終い11.3と抜群の伸びを披露。川崎でのレース勝利後のレース。相手関係は厳しくなるが、追い切りの動きを見る限り一発激走があってもおかしくない。人気薄でも警戒しておきたいところ。
アルクトス

7/25 南W(84.8)68.5-13.2 一杯
8/1  南W   68.4-12.7 馬なり

評価:★3.5最終追い切り南W68.4-12.7馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は特別速い時計ではないが、終いは12.7と良い伸び。1週前に6Fからしっかりと一杯で負荷をかけられて状態も上がってきている印象。連勝して挑む今回、勢いもあるし得意の左回りコースで注意しておきたいところ。
グリム

7/25 栗CW(82.1)66.0-11.8 一杯
8/1  栗坂 54.3-12.3 強目

評価:★3.5最終追い切り栗坂54.3-12.3強目。強目での追い切りで終い12.3を記録。1週前に負荷もかけられていて好印象。前走ユニコーンSでは9着と敗れはしたがもっとやれる力はあり。前で自分のレースが出来れば。注意しておきたい。
グレートタイム

7/26 栗坂 56.8-12.6 馬なり
8/1  栗CW(89.2)72.1-11.7 馬なり

評価:★3.0最終追い切り栗CW(89.2)72.1-11.7馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、全体時計は速くないが、終いは11.7と良い伸び。今回1週前追い切りも含めて負荷はそこまでかけられていないが、動き自体は良いし中2週なら特に気にする必要もないか。大きな上積みと言われると疑問はあるが、今メンバーでは実績は上位。この距離も走り慣れた距離。当然注目の存在であることには変わりなし。人気はするだろうがやはり無視はできない。
ドンフォルティス

7/25 栗坂 57.3-12.7 馬なり
8/1  栗坂 57.1-13.2 馬なり

評価:★3.0最終追い切り栗坂57.1-13.2馬なり。馬なりでの追い切り、併せ馬を追走して同入するなど動きはまずまず。ただ1週前の追い切りも同様に負荷の面では少しもの足りない印象。1800m戦では強いレースを見せているだけに注意はしておきたいが。
アドマイヤビクター

7/26 栗CW(80.7)65.6-12.7 強目
8/1  栗坂 55.7-13.0 強目

評価:★3.0最終追い切り栗坂55.7-13.0強目。強目での追い切りで時計はそこまで。1週前も大外を周回してだが終い12.7と少し時計を要しているし、併せ馬にも差を詰められていた。今回気配はそこまでといった印象。ダート転向後2戦2勝と勢いもあるし、底を見せていないだけに怖い存在ではあるが追い切りの動きでは強調しづらいところ。