重賞予想

G3七夕賞2018☆予想!福島&函館平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG3七夕賞&福島&函館平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

[kanren postid=”10423″]
[kanren postid=”10420″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・プラチナムバレット
・マイネルミラノ
・キンショーユキヒメ
上記の3頭。

プラチナムバレット&キンショーユキヒメは栗CW、マイネルミラノは南Wでの最終追い切り。

マイネルミラノは、最終追い切り南W70.8-12.8馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが、大外を周回して終い12.8と抜群の伸び。1週前には南W5F全体2番時計の破格の好タイムを記録しているし、今回一度叩かれてかなりの上積みを感じさせる好内容。福島コースでは2勝、8歳にはなったがこの動きを見る限り年齢の衰えは全く感じない。おそらく今回そこまで人気もしてこないだろうし注目しておきたい一頭。。

キンショーユキヒメは、最終追い切り栗CW(82.6)66.1-11.9一杯。6Fから一杯での追い切りで最後までしっかりとした良い動き。1週前には栗CW5F全体1番時計の好タイムを記録。2週にわたってしっかりと負荷をかけて追い切りされているし、中3週でも疲れも見せず好気配。2走前の福島牝馬Sで勝利経験があるのは当然魅力的。今回牡馬相手のハンデ戦で斤量は福島記念と同じ54キロ。これだけ追い切りでしっかりと動けているのなら当然今回も有力の存在で。。

プラチナムバレットは、最終追い切り栗CW(83.6)66.1-11.6一杯。6Fから一杯での追い切りで全体&終いで良い動き。特に終いは11.6と抜群の伸び。この時計は大外を周回してのもの、何週にもわたってしっかりと追い切りを消化して好タイムを連発。前走着順は跛行の影響で参考外。追い切りの動きを見る限り、この影響はまったく感じさせない。スマートレイアーの弟の良血馬。前走の影響で人気を落とすのなら非常に面白くなりそう。

上記の理由により本命は、プラチナムバレットで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3七夕賞・予想

プラチナムバレット

キンショーユキヒメ

サーブルオール

マイネルミラノ

レインホーロマンス

マイネルフロスト

ワンブレスアウェイ

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《福島開催レース好調教馬》
【福島3R】

サクライザベル(美坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【福島8R】

ロフティフレーズ(南W)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.5》

マルターズゲイル(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【福島10R】

テルペリオン(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

《函館開催レース好調教馬》
【函館3R】

クールリフレイン(函W)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》