調教分析・1週前追い切り

G1宝塚記念2018☆1週前追い切り!実績馬の気配は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は注目の大レース、
G1宝塚記念の1週前追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G1宝塚記念・1週前追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

6/7  栗坂 52.5-12.6 強目
6/13 栗CW(80.8)64.8-11.2 一杯

評価:★4.51週前追い切り栗CW(80.8)64.8-11.2一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体15番時計、そして終いは11.2と抜群の伸びを披露。2週前の栗坂でも良い動きを見せていたし、3か月ぶりの海外明けでも気配良好。前走ドバイターフでは惜しくも連覇はならなかったが、それでも2着と激走。今回距離は少し不安もあるが、折り合いさえつけばやってくれそう。現時点でしっかりと負荷もかけられて良い動きを見せているし要注目の一頭で。

6/7  南W 70.2-13.5 馬なり
6/14 南W 65.4-12.8 一杯

評価:★4.51週前追い切り南W65.4-12.8一杯。一杯での追い切りで南W5F全体4番時計の好タイムを記録。3か月ぶりのレースにはなるが、しっかりと負荷もかけられていて好気配。普段から追い切りではそこまで速い時計を出してくるタイプではないが、今回はしっかりと時計を出してきた。昨年の紺レースの覇者で距離&コースの適正は問題なし。勝利した昨年はやはり馬場も重かったし、ここ最近のレースを見ても重馬場でこそ力が活きるタイプ。今年はどのようになるかわからないが現時点で好気配。やはり警戒が必要で。
パフォーマプロミス

6/8  栗坂 55.1-12.6 馬なり
6/13 栗CW(79.3)64.7-11.6 一杯

評価:★4.01週前追い切り栗CW(79.3)64.7-11.6一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体10番時計の好タイムを記録。終いも良い動きをしていて最後までしっかりとした好内容。今回中3週ではあるがしっかりと負荷もかけられて好気配。久々の前走目黒記念で勝ち馬と0.1秒差の3着と好走。今回実績馬は休み明けの馬も多く、一度使われている強みはやはり魅力。初の斤量58キロにはなるが注目しておきたい一頭で。
アルバート

6/7  南W 70.8-13.5 馬なり
6/14 南W 65.0-12.9 一杯

評価:★4.01週前追い切り南W65.0-12.9一杯。一杯での追い切りで南W5F全体1番時計の好タイムを記録。この馬にとって2200mは距離不足で決して得意条件とは言えないが、ここ最近は追い切りでもしっかりと動いているし状態が良いのは間違いなし。7歳にはなったがまだまだ元気一杯。そこまで人気もしないだろうし妙味はあり。注意しておきたい。
スマートレイアー

6/6  栗坂 51.9-12.5 一杯
6/14 栗CW(96.9-80.9)65.1-11.7 一杯

評価:★4.01週前追い切り栗CW(96.9-80.9)65.1-11.7一杯。7Fから一杯での追い切りで最後までしっかりとした良い動きを披露。2週前も栗坂で一杯で追い切りされて好タイムを記録しているし、しっかりと負荷もかけられていて好印象。阪神は(6.1.0.3)と得意にしているコース。8歳にはなったが、追い切りの動きを見ても衰えは感じない。こちらも警戒しておきたい一頭で。
ダンビュライト

6/7  栗坂 53.5-12.8 馬なり
6/13 栗坂 51.6-12.4 一杯

評価:★3.51週前追い切り栗坂51.6-12.4一杯。一杯での追い切りで栗坂全体17番時計の好タイムを記録。今回海外明けのレースにはなるが、しっかりと一杯で追い切りしてきた点は好印象。阪神での勝利経験もあり。最終追い切りの動き次第では注意が必要で。
サトノダイヤモンド

6/6  栗坂 52.5-12.2 一杯
6/14 栗CW(82.5)67.0-11.4 一杯

評価:★3.01週前追い切り栗CW(82.5)67.0-11.4一杯。6Fから一杯での追い切り、以前ほどの破格の時計とはいかないが、それでも終い11.4とさすがの伸びを披露。今回3か月ぶりのレースにはなるが負荷もかけられ本数もしっかりとこなしているのは好印象。ここ最近結果が出ていないのは気になるところではあるが、今メンバーでも力上位は間違いなし。完全復活なるか。しっかりと負荷をかけたことで最終追い切りでどこまで変わってこられるか注目しておきたい。
キセキ

6/6  栗芝(83.5)67.1-12.9 馬なり
6/13 栗CW(82.8)67.2-12.1 G前

評価:★3.01週前追い切り栗CW(82.8)67.2-12.1G前。ゴール前で強く追い切り、終いは上々の動きだったが、全体的に見てまだ動きは少し重たい印象。全体的に見ても追い切りの負荷も軽め。不良馬場での菊花賞を勝利するなど重馬場適正もあるし雨なら面白くなりそう。最終追い切りでどこまで変わってこられるか。追い切りの負荷も含めて注視しておきたい。