重賞予想

G1日本ダービー2018☆予想!東京平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG1日本ダービーと東京平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

[kanren postid=”10249″]
[kanren postid=”10239″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・ダノンプレミアム
・ブラストワンピース
・ジェネラーレウーノ
上記の2頭。

ダノンプレミアムは栗CW、ブラストワンピース&ジェネラーレウーノは南Wでの最終追い切り。

ブラストワンピースは、最終追い切り南W終い12.2強目。強目での追い切りで終い12.2と抜群の動き。1週前もしっかりと追い切りされて南W5F全体4番時計と負荷もかけられて2ヶ月半ぶりのレースでも良い状態で出走できそう。現在3戦3勝、2走前に東京2400mの同舞台で勝利できているのは大きな魅力。馬体も500キロを超える素質を感じる好馬体。追い切り内容も引き続き良いし、やはり警戒が必要で。

ジェネラーレウーノは、最終追い切り南W終い12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と良い伸び。1週前には南W5F全体2番時計を記録。中5週ではあるがしっかりとした良い動きを披露。皐月賞の疲れも感じさせず好気配。未勝利戦で東京での勝利経験もあり。追い切りの内容を見てもかなりの素質を秘めているのは間違いなし。相手は一級品ではあるがこちらも侮れない一頭で。

ダノンプレミアムは、最終追い切り栗CW69.4-11.3馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.3と抜群の動き。1週前追い切りで栗CW5F全体11番時時計、終いも11.3を記録するなどしっかりと負荷もかけられた。前走皐月賞は残念ながら回避となったが、今回の追い切り内容を見てそんな不安も消し飛ぶ抜群の気配。他の馬と比較してもやはり動きは一枚上手、久々でもやはり有力の一頭で。。

上記の理由により本命は、ダノンプレミアムで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1日本ダービー・予想

ダノンプレミアム

ブラストワンピース

ワグネリアン

ジェネラーレウーノ

ステルヴィオ

キタノコマンドール

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《東京開催レース好調教馬》
【東京1R】

注◎人気ブログランキングへ→1(南W)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り南W5F全体14番時計、終いもしっかりと伸びていて気配良好。前走は位置取りは後ろになったが、上がり最速の良い脚を披露。力上位は間違いないし、引き続き気配良好でやはり有力。

【東京8R】

ムイトオブリガード(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

イチダイ(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【東京9R】

エンジニア(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》