重賞予想

G1ヴィクトリアマイル2018☆予想!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG1ヴィクトリアマイルの好調教馬・予想を公開していきます。
※平場レースは諸事情によりお休みさせていただきます。

[kanren postid=”10200″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・リスグラシュー
・ジュールポレール
・レーヌミノル
上記の3頭。

ジュールポレールは、最終追い切り栗坂51.3-12.3強目。強目での追い切り、不良馬場をモノともせず栗坂全体4番時計の好タイムを記録。1週前の栗坂でも全体&終いでかなりの動きを見せていたし、一度叩かれて状態はかなり良くなっている印象。昨年の今レースで3着と好走しているだけに適性も問題なし。今年もそこまでは人気しなさそうなだけに面白い存在で。

レーヌミノルは、最終追い切り栗CW(84.9)68.9-12.2馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、今週は先週ほどの時計は出してこなかったが、大外を周回して良い動きを披露。1週前に自己ベストを更新する時計を記録、負荷もしっかりとかけられているし気配は文句なし。過去のレースを見てもマイルは少し距離が長い印象はあるが、桜花賞で勝利、マイルCSでも4着と好走。折り合いさえしっかりとつけられれば何とかなりそう。気配はかなり良いだけに人気薄でも警戒しておきたい一頭。

リスグラシューは、最終追い切り栗坂54.4-12.2馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.2と抜群の伸び。1週前に栗坂全体50秒台を切る全体1番時計タイの好タイムを記録、中4週でもしっかりと負荷をかけて追い切りされているし文句なしの好気配。東京マイルはアルテミスS&東京新聞杯と重賞で2勝している得意舞台。G1では何度も好走を続けているものの、今だG1制覇とはならず。今回舞台も気配ぶりも文句なし、悲願のG1制覇へ期待十分。

上記の理由により本命は、リスグラシューで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1ヴィクトリアマイル・予想

リスグラシュー

アドマイヤリード

ミスパンテール

ジュールポレール

レーヌミノル

アエロリット

レッドアヴァンセ

ソウルスターリング

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!