重賞予想

G1皐月賞2018☆予想!中山平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG1皐月賞と中山平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”10103″]
[kanren postid=”10087″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・タイムフライヤー
・ジャンダルム
上記の2頭。

2頭共に栗CWでの最終追い切り。

ジャンダルムは、最終追い切り栗CW終い11.4馬なり。馬なりで終い11.4と抜群の伸びを披露。中5週でのレースではあるが、2週前からしっかりと負荷をかけて追い切りされていてしっかりと仕上げてきた印象。ホープフルS2着、弥生賞3着と勝ちきれてはいないが中山2000mで続けて好走できているのは大きな強み。追い切りでの気配も良いし前走敗戦したダノンプレミアムも不在となれば当然チャンスも大いにあり。要注意で。

タイムフライヤーは、最終追い切り栗CW(79.0)63.6-12.3一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体1番時計の好タイムを記録。1週前にも一杯でしっかりと追い切りされていて中3週でも負荷をかけられて気配は文句なし。前走若葉Sでは5着と敗れはしたが、久々のレースで上がり最速を記録していたし気にする必要もなし。今回一度叩かれてホープフルSで勝利している中山2000mの得意舞台。一度叩かれて明らかに気配も良くなっているし今回要注目の一頭で。

上記の理由により本命は、タイムフライヤーで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1皐月賞・予想

タイムフライヤー

ジャンダルム

ワグネリアン

グレイル

オウケンムーン

サンリヴァル

ステルヴィオ

キタノコマンドール

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《中山開催レース好調教馬》
【中山5R】

ゲンパチカイナル(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【中山9R】

注☆人気ブログランキングへ→1(南W)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.5》

人気ブログランキングへ→1は、1週前&最終追い切り南Wで2週続けて好タイムを記録。特に最終追い切りはオープン馬を追走して突き放す抜群の動き。再度芝への転向、気配はかなり良いし今回警戒しておきたい。

【中山12R】

プロディガルサン(美坂)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.5》