G2阪神牝馬S2018☆予想!阪神平場レースも紹介!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG2阪神牝馬Sと阪神平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

G1桜花賞2018☆1週前&最終追い切り!注目は!?

2018.04.04

G2ニュージーランドT2018☆1週前&最終追い切り!注目は?

2018.04.07

G2阪神牝馬S2018☆1週前&最終追い切り!注目は!?

2018.04.05

上記の記事で本命候補になったのは、
・ミスパンテール
・アドマイヤリード
・リスグラシュー
上記の3頭。

3頭共に栗坂での最終追い切り。

アドマイヤリードは、最終追い切り栗坂栗坂50.3-12.4強目。強目での追い切りで水曜の栗坂全体3番時計の好タイムを記録。前走東京新聞杯では12着と敗れはしたが目の外傷明け。今レースは昨年2着と好走している舞台。馬体重は少ないながらも末脚は驚異のものを秘めている。鞍上もデムーロ騎手と非常に怖い存在。当然警戒で。
リスグラシューは、最終追い切り栗坂51.3-12.1馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体9番時計の好タイムを記録。1週前の動きも良かったし、2ヶ月ぶりの今レースも好気配。阪神は(1.2.2.0)と複勝圏内を外したことのない安定感。追い切りの動きを見ても安定して時計をしっかりと出してきているしやはりかなりの素質の持ち主と考えて良い。ここも当然注目の一頭で。
ミスパンテールは、最終追い切り栗坂52.9-12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4と良い伸びを披露。2週前に不良馬場の栗CWで5F全体8番時計、1週前も栗坂全体51秒台としっかりと負荷もかけられていて中6週でも気配は文句なし。現在3連勝中と勢いあり、追い切りの動きを見ても力をつけてきているのは間違いなし。阪神マイルの舞台も問題なし。引き続き好気配のここは当然有力で。

上記の理由により本命は、ミスパンテールで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2阪神牝馬S・予想

ミスパンテール

アドマイヤリード

リスグラシュー

レッドアヴァンセ

エテルナミノル

ソウルスターリング

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0
《阪神開催レース好調教馬》
【阪神5R】

シヴァージ(栗坂)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.5》

シヴァージは、最終追い切り栗坂51.2-12.2強目。強目での追い切りで全体&終いで好タイムを記録。力は上位、引き続き好気配で再度注目。
【阪神10R】

ヒシマサル(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^