最終追い切り

G1桜花賞2018☆1週前&最終追い切り!注目は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は大注目のレース、
G1桜花賞の1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G1桜花賞・1週前&最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

3/29 栗坂 52.3-12.1 一杯
4/4  栗CW(84.4)66.9-11.3 一杯

評価:★4.5最終追い切り栗CW(84.4)66.9-11.3一杯。6Fから一杯での追い切りで終い11.3と破格の伸びを披露。1週前にも栗坂で一杯でしっかりと追い切りされてかなりの動きを見せているし中4週で仕上がりは文句なし。前走チューリップ賞では3着と敗れはしたが、阪神JFではラッキーライラックに0.1秒差と僅差での2着。通用する力は十分にあるし、今回の追い切りを見ても当時よりも力をつけているのは間違いなさそう。今回2週に渡って一杯でしっかりと負荷をかけて追い切りされているし、一度使われての上積みもかなりのものがありそう。この気配なら逆転があっても。

3/29 栗CW(98.4-82.0)67.0-12.0 G前
4/4  栗坂 54.9-12.8 強目

評価:★4.5最終追い切り栗坂54.9-12.8強目。最終追い切りではそこまで負荷をかけてこなかったが、1週前に7Fの長目からしっかりと負荷をかけて追い切りされていて、今週はこれくらいでまったく問題なし。過去3戦中2戦で上がり最速を記録。末脚はかなりものを秘めているし、決めて勝負ならこのメンバーでも上位。新馬戦で阪神マイルを勝利している点も魅力。前走フィリーズレビューでは2着だったが、上がり最速を記録しているし、久々の分もあった。今回一度叩かれて状態も上げてきている印象。あとは馬体重が少ないだけに当日馬体が維持できていれば非常に怖い存在へと。
ラッキーライラック

3/28 栗CW(82.7)66.5-11.6 強目
4/4  栗CW(84.6)67.1-11.6 馬なり

評価:★4.0最終追い切り栗CW(84.6)67.1-11.6馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで終い11.6と良い伸びを披露。今回中間で放馬した馬が横切るというアクシデントがあったみたいだが、最終追い切りの動きも変わらず良かったし特に気にする必要もなさそう。現在デビューから4連勝中。中4週でのレースでも疲れも見せずに良い動きを披露していて気配も引き続き良好。当然ここでは中心の存在、今回も有力で。
マウレア

3/29 栗CW(82.4)66.4-11.7 強目
4/5 栗CW(81.4)66.1-12.0 強目

評価:★3.5最終追い切り栗CWで6Fからの追い切り、オープン馬を追走して先着するなど好気配。中間に栗東に滞在して気配良好。阪神JFで3着と好走していて適性も特に問題なし。気配良好で今回も注意が必要で。
モルトアレグロ

3/28 南W(80.7)66.3-13.7 一杯
4/4  南W  キリ    不明

評価:★3.5最終追い切り南Wキリ不明。キリの影響で時計の測定は不明。ただ1週前に南Wで6Fから一杯で追い切りされて良い動きを見せていたし中3週でも気配は上々と考えて良さそう。1番人気に支持された前走フィリーズレビューで10着と大敗。阪神で成績を残せていない点は気になるが通用する力はあるだけに注意はしておきたい。
フィフニティ

3/29 栗CW(81.8)66.2-12.1 一杯
4/4  栗CW   67.3-11.9 強目

評価:★3.0最終追い切り栗CW67.3-11.9強目。強目での追い切りで終い11.9と良い伸び。1週前には6Fから一杯で負荷もかけて追い切りされている点は好印象。中7週と間隔は少し空いたが気配は上々。久々の前走クイーンCで2着と好走。阪神は初めてにはなるがまだまだ底を見せていないだけに警戒が必要な一頭で。
プリモシーン

3/28 南W  キリ   不明
4/4  南W   -12.5 馬なり

評価:★3.0最終追い切り南W終い12.5馬なり。全体時計はキリの為測定不能だったが、終いは12.5と良い伸びを見せていた。叩かれて挑む実力馬も多いだけに3ヶ月ぶりのレースというのは条件的に厳しい面もあるが気配自体は悪くない。未勝利戦勝利後のフェアリーSも勝利して勢いもあり、輸送の不安もあるが当然警戒はしておきたい。
アーモンドアイ

3/25 南W 72.6-14.0 馬なり
4/1  南W(87.8)72.1-14.3 馬なり
4/4  南W キリ   不明

評価:★3.0最終追い切り南Wはキリで測定不能。ただ今回3ヶ月ぶりのレースにしては速い時計も出してきてないし、負荷もあまりかけられていない点は気になるところ。前走は牡馬相手に上がり最速の勝利、輸送も苦にしなかったし当然警戒は必要だが、調教を見る限りでは現在の気配はそこまでと言った印象、どこまでやれるか。