最終追い切り

G3ダービー卿CT2018☆1週前&最終追い切り!好調教は?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は安田記念へと続く重要なステップレース、
G3ダービー卿CTの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G3ダービー卿CT・1週前&最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

3/22 南W 66.6‐12.8 強目
3/28 南W   ‐12.1 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W終い12.1馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.1と抜群の伸び。1週前にも南W5F全体14番時計の好タイムを記録しているし久々でも気配は文句なし。昨年の今レースで2着と相性も良し。今回警戒しておきたい。

3/22 南W(80.7)65.8‐12.0 強目
3/28 南W   キリ    不明

評価:★4.5最終追い切り南Wでキリの為測定不能。ただ1週前追い切りで南W5F全体4番時計、終いも12.0と破格の動きを見せているだけに気配はかなり良いと言っていい。ここでは実績も上位、中山コースも得意。当然有力の存在で。
マルターズアポジー

3/22 南W 65.9‐11.5 一杯
3/28 南W 67.4‐12.4 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W67.4‐12.4馬なり。馬なりでの追い切り、大外を周回して抜群の動き。ただ注目すべきは1週前の追い切り。南W65.9‐11.5一杯。内目を周回しての時計ではあるがなんと終い11.5と南Wでは見たことのないような破格の時計を記録。今回トップハンデの斤量58キロと条件で厳しいところはあるが、一度使われて明らかに動きは良くなっているしやはり実績もあるだけに警戒が必要。
ヒーズインラブ

3/21 栗坂 56.3‐13.3 強目
3/28 栗CW(81.5)65.1‐11.6 強目

評価:★4.0最終追い切り栗CW(81.5)65.1‐11.6強目。6Fから強目での追い切りで全体&終いで好タイムを記録。前走16000万レースでは見事勝利して再度オープン戦へ。重賞でも通用する力はあるし、動きも引き続き良いだけに今回も侮れない一頭で。
レッドアンシェル

3/22 栗CW(82.3)65.9‐12.4 一杯
3/28 栗CW(85.8)69.2‐11.7 馬なり

評価:★3.0最終追い切り栗CW(85.8)69.2‐11.7馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.7と良い伸び。もう一本負荷のかかった追い切りが見たいところではあるが、動きは一本ごとに良くはなっているし、久々でも仕上がりは悪くない。今回どこまでやれるか。
アデイインザライフ

3/21 南W(81.4)66.7‐13.6 馬なり
3/28 南W   68.0‐12.4 G前

評価:★3.0最終追い切り南W68.0‐12.4G前。ゴール前で強く追い切りされて終い12.4と上々の動き。1週前の動きも悪くなかった。1年4ヶ月のブランクがあって前走は7着と敗戦。一度使われて段々と気配も良くなっているがまだ本調子とはいっていない印象。もう一度様子をみたい。