G2スプリングS2018☆予想!中山平場レースも紹介!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG2スプリングSと中山平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

G2阪神大賞典2018☆過去データ+α!

2018.03.13

G2阪神大賞典2018☆最終追い切り!評価変動は!?

2018.03.16

G2スプリングS2018☆過去データ+α!

2018.03.14

G2スプリングS2018☆最終追い切り!好調教馬は!?

2018.03.16

上記の記事で本命候補になったのは、
・ルーカス
・ライトカラカゼ
上記の2頭。

2頭共に南Wでの最終追い切り。

ライトカラカゼは、最終追い切り南W(81.1)65.7‐13.3一杯。6Fから一杯での追い切りで5F全体65.7と好タイムを記録。併せ馬を追走して遅れはしたものの、時計はかなり良い数字、1週前の動きも良かったし気配良好。血統的にもクリールカイザーの全弟と良血、2走前の中山で勝利経験もあるし、続く京成杯でも10番人気4着と善戦。オッズの妙味もありそうで面白い存在。
ルーカスは、最終追い切り南W終い12.8馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.8と良い伸び。1週前には南W5F全体15番時計の好タイムを記録、2ヶ月半の休み明けでも動きも良く好気配。前走ホープフルSは6着と敗れはしたが、この時の調教時に放馬するアクシデントもあった。2走前の東スポ2歳Sでは2着と好走、血統も良血だし調教の動きを見てもかなりの素質を感じさせる馬。要注意の一頭で。

上記の理由により本命は、ルーカスで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2スプリングS・予想

ルーカス

ゴーフォザサミット

ステルヴィオ

ライトカラカゼ

マイネルファンロン

カフジバンガード

エポカロード

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0
《中山開催レース好調教馬》
【中山3R】

ケイアイテディ(南W)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

ケイアイテディは、最終追い切り南W67.1‐12.7強目。強目での追い切りで南W5F全体67.1、終いも12.7と良い動きを披露。あと一歩勝ちきれないが力上位は間違いなし。追い切りの動きを見る限り出来落ちも心配なし。ここで決めたい。
【中山9R】

プロディガルサン(南W)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.0》

プロディガルサンは、最終追い切り南W(81.2)65.7‐13.1馬なり。馬なりで6Fから追い切り、外を周回して南W5F全体11番時計の好タイムを記録。オープン馬を大きく追走して同入するなど抜群の動き。前走は1番人気3着と人気を裏切る結果にはなったが、展開も向かなかったし参考外。好気配で再度注目したい。

チャンピオンルパン(美坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【中山12R】

注☆人気ブログランキングへ→3(南W)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.5》

人気ブログランキングへ→3は、最終追い切り南W65.2‐12.8馬なり。馬なりでの追い切りで、自己ベストを更新する南W5F全体5番時計と優秀な時計を記録。1000万クラスへ昇級してからは満足のいく結果が残せていないが、追い切りの動きを見る限りここでももっとやれて良いはず。気配も良いだけに展開さえ向けばチャンスもありで。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^