重賞予想

G3ファルコンS2018☆予想!阪神平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG3ファルコンSと阪神平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”9905″]
[kanren postid=”9934″]
[kanren postid=”9910″]
[kanren postid=”9936″]
[kanren postid=”9915″]
[kanren postid=”9931″]
[kanren postid=”9920″]
[kanren postid=”9928″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・ダノンスマッシュ
・モズスーパーフレア
・タイセイプライド
上記の2頭。

ダノンスマッシュ&タイセイプライドは栗CW、モズスーパーフレアは栗坂での最終追い切り。

モズスーパーフレアは、最終追い切り栗坂52.1‐11.8馬なり。馬なりでの追い切りで全体52秒台で終い11.8と抜群の動きを披露。新馬戦勝利後はなかなか結果を残せずにいたが、前走500万レースで見事勝利。前走は馬体も増やしての勝利と段々と力をつけて結果も残せたのは好印象。今回1Fの距離延長が鍵となりそうだが、追い切りの動きを見ても調子が良いのは間違いなし。そこまで人気もしないだろうし勢いのある今面白い一頭で。

タイセイプライドは、最終追い切り栗CW(93.7‐80.2)66.7‐12.6一杯。7Fから一杯での追い切り、終いは少し時計を要したがしっかりと負荷をかけて追い切りされているのは好印象。1週前の栗坂では全体2番時計の好タイムを記録しているし、久々でも良い状態で出走できそう。新馬戦で中京1400mを勝利している点は大きな魅力。前走は1200m戦で上がり最速の勝利、1Fの距離延長はこの馬にとってプラスとなりそう。こちらも有力の一頭で。

ダノンスマッシュは、最終追い切り栗CW(78.7)63.4‐11.7一杯。6Fから一杯での追い切り、内目を周回しての内容ではあったが、5F全体63.4と好タイムを記録。1週前には栗CW5F全体12番時計の好タイムを記録しているし、久々でもしっかりと追い切りされて気配はかなり良くなっている印象。前走朝日杯では出遅れも響いて5着と敗れはしたが、それでも内藤は悪くなかったし今回オープンも勝利した1400mへと戻るのはこの馬にとってプラス材料となりそう。当然有力の存在で。

上記の理由により本命は、ダノンスマッシュで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3ファルコンS・予想

ダノンスマッシュ

タイセイプライド

アサクサゲンキ

モズスーパーフレア

ムスコローソ

テンクウ

フロンティア

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《阪神開催レース好調教馬》
【阪神5R】

注◎ランドネ(栗CW)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

ランドネは、最終追い切り栗CW5F全体5番時計の好タイムを記録。中3週でも疲れも見せず好気配。ここは決めたいところ。

注☆人気ブログランキングへ→1(栗坂)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.5》

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り栗坂全体2番時計、全体50秒を切る破格の時計を記録。1週前もしっかりと動けていたし、4ヶ月間隔を空けて力をつけてきた印象。久々ではあるが、オッズの妙味もあるしこれだけ動いてきたら無視できない存在で。要注意。

注☆ジンゴイスト(栗坂)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.5》

ジンゴイストは、最終追い切り栗坂51.5‐12.5一杯。一杯での追い切りで全体&終いで良い動き。1週前の栗CWでも6Fから追い切りされてかなりの好タイムを記録しているし気配良好。既走馬相手ではあるが通用する素質は十分にあり。いきなり注目で。

【阪神6R】

エイシンデネブ(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【阪神8R】

フィールドステイ(栗坂)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

フィールドステイは、最終追い切り栗坂51.6‐12.2一杯。一杯での追い切りで栗坂全体51.6と好タイムを記録。骨折明けの前走で5着と善戦。追い切りの動きを見ても一度使われての上積みも十分。やはり力はあるし、引き続き気配も良好で有力の存在。

【阪神9R】

エルプシャフト(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

ワンダープチュック(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【阪神10R】

サクセスエナジー(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》