G2阪神大賞典2018☆最終追い切り!評価変動は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は勝ち馬にG1大阪杯の優先出走権が与えられる、
G2阪神大賞典の最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G2阪神大賞典・最終追い切り情報
【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

3/1 栗CW(82.8)66.5‐11.8 強目
3/7 栗CW(81.4)67.1‐11.5 一杯
3/14 栗CW    ‐11.0 G前

評価:★4.5最終追い切り栗CW終い11.0G前。ゴール前で強く追い切りされて終い11.0と滅多に見られない破格の時計を記録。2週前&1週前追い切りでしっかりと負荷をかけられて最終追い切りで抜群の動き。菊花賞では10着と敗れはしたが馬場の影響もあっただろうしこれだけで判断するのは危険。2走前に阪神で勝利しているし舞台は合うはず。しっかりと負荷もかけられて体制は整ったし、今回要注意の一頭で。

3/1 南W 69.1‐12.9 馬なり
3/8 南W 66.5‐12.8 馬なり
3/14 南W 69.5‐12.5 一杯

評価:★4.5最終追い切り南W69.5‐12.5一杯。一杯での追い切りで終い12.5と良い伸び。全体時計は速い時計を出してこなかったが、1週前に自己ベストを更新する好タイムを出してきたし問題なし。前走でステイヤーズSを3連覇するなど力の衰えも全くなし。今回3ヶ月半と間隔は空いたがしっかりと動けているし引き続き気配良好。勢いのある今警戒しておきたい。
クリンチャー

3/7 栗CW(78.1)63.4‐13.1 一杯
3/14 栗坂 52.7‐12.4 強目

評価:★4.5最終追い切り栗坂52.7‐12.4強目。強目での追い切りで上々の時計を記録。1週前に7Fからしっかりと負荷をかけて追い切りされて栗CW5F全体2番時計を記録しているし今週はこれくらいで十分。休み明けの前走を使われて上積みも感じる良い動き。阪神での勝利経験もあるし、菊花賞2着の長距離実績もあり。人気はするだろうがやはり有力の存在で。
ムイトオブリガード

3/9 栗CW(81.7)65.5‐11.8 一杯
3/14 栗坂 52.2‐12.5 強目

評価:★3.5最終追い切り栗坂52.2‐12.5強目。強目での追い切りで全体&終いで好タイムを記録。9日のの栗CWでは6Fから負荷をかけて追い切りされて良い動きを披露。負荷もかけられて好気配。前走500万クラスでレコード勝ち。阪神は初めてとなるが、追い切りの動きを見ても力をつけてきているのは明らか。相手は強くなるが侮れない一頭で。
レインボーライン

3/11 栗坂 51.0‐12.8 一杯
3/14 栗坂 60.0‐12.3 馬なり

評価:★3.5最終追い切り栗坂60.0‐12.3馬なり。馬なりでの追い切り、全体的に軽目ではあったが終いは12.3と良い伸び。11日には栗坂全体51.0と好タイムを記録しているし気配良好。3ヶ月ぶりのレースでも良い動きを見せているし状態は良さそう。鉄砲実績もあるし、時計を要する馬場になればさらに面白い存在に。
カレンミロティック

3/7 栗CW(81.9)66.3‐12.9 一杯
3/14 栗坂 51.8‐12.9 一杯

評価:★3.0最終追い切り栗坂51.8‐12.9一杯。栗坂全体51秒台と好タイムを記録。終いは12.9と少し時計を要したが段々と調子は上げて来ている印象。ただ以前と比べると少し物足りないところはあり。阪神実績もあるし大舞台の実績もありで侮れない存在ではあるが。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^